流しのしたの骨 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (772)
  • (642)
  • (1683)
  • (86)
  • (12)
本棚登録 : 6716
レビュー : 734
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 淡々とちょっと不思議な家族の日々の生活が描かれる。女性が好きな文章だと感じた。

  • ほっこりする6人家族の物語。まったりと進んでいくストーリーの中にも突如家族の問題が出てくる。
    だけど、みんな受け入れてくれる優しい家族たちで、心に余裕を持ちたい時に読むと染みる。

  • 合わない。
    136ページで断念。
    放置していたが、気が乗らず手が伸びない為やめた。

  • 江國さんの小説に登場する人たちは皆あたりまえの日常を丁寧に暮らしていて、そしてそういうささいなことの描写を江國さんはとびきり素敵に描く。だから好き。

  • 読んでいると頭がふわふわしてくる。お話しに急展開はなくて小波みたいな本。

  • 恋愛小説ではない。いわゆる家族の物語ではある。ちょっと変な家族である。しかし、私からみると、変な姉妹(弟)のほうがインパクトがあった。あぁ、そういうところあってもいいかも、と思うこともあったけれど、どちらかというと私の嫌いなタイプが多いかも(^^;私はあんまりベタベタした家族関係は嫌いなのだ。確かに、外からは見えない関係ってあるものだし、普通だとは思うが、この家族には違和感を覚えてします。極端に言えば嫌悪感かもしれない。文章は簡潔で読みやすいとは思うけれど。あと、タイトルの意味がよくわからない。確かに本文中にこの言葉がでてくるが、それがこの本の中身に大きな意味をなしているとは思えない。んー、別の作品を読んでから最終判断すべきか…

  • 「ボーイフレンドって素敵よね。いるあいだはたのしいし、いなくなると気持ちいい」

  • ほのぼのとした兄弟愛の物語

  • 何年かぶりに再読。
    私の家にはこれほど行事もエピソードもないけれど、忘れていた幼い頃の家族との思い出を思い出しました。
    自分でもよくわからない好みやクセはこの家で育まれたのかな。

  • P108「ボーイフレンドって素敵よね。いるあいだはたのしいし、いなくなると気持ちいい」
    P110「もう一度食べたら?」
    P171ちゃんとあたたかい格好をして、やあひさしぶりって言う言い方が自然で、ポケットから硬くて甘い袋菓子をだしてくれる男のひと。
    P285話ながら、私はもう淋しくなくなっていた。片手を深町直人の胯間にのせ、ほんの少しおわん形に指をまげて包むようにすると、「すーん」は不思議なほどすっとおさまる。大発見だった。

    よそのうちの独自的で閉鎖的なルールたち。それを盗み見るような小説。

全734件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

流しのしたの骨 (新潮文庫)のその他の作品

流しのしたの骨 単行本 流しのしたの骨 江國香織

江國香織の作品

ツイートする