ぼくの小鳥ちゃん

著者 :
  • 新潮社
3.60
  • (414)
  • (444)
  • (1074)
  • (56)
  • (11)
本棚登録 : 4086
レビュー : 493
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かわいいかわいいかわいい。
    ぼくと彼女と小鳥ちゃんの三角関係。
    小鳥ちゃんだって女の子なんです。

    挿絵もお話もみんなみんなかわいくて
    さわやかーに癒されるので
    何度でも読み返してしまいます。
    おすすめ!

  • 可愛い世界観♪
    ちょうどイラストと全く同じの小鳥ちゃんを飼っていたからこそのめりこむ世界だったのかもしれないけど。

  • できるだけたくさんときどきにする

    わたしのいちばん好きな本。
    「ぼく」に恋して、「小鳥ちゃん」に嫉妬して、「ガールフレンド」を心底羨ましく思う。

    冬のアパートは、それぞれのこだわりで溢れ愛おしい。

  • 今のところ江國 香織さんの本の中で一番好き

    この小鳥ちゃんのポジションが女性でない所がとても好きです。

    私が男性なら、この主人公の様に小鳥ちゃんに、振り回されてしまっているでしょう。そして、そんな生活がとても幸せに感じるに違いありません。

  • 雪の降る寒い朝、窓辺にやってきた白い小鳥ちゃん。
    注文の多いかわいい小鳥ちゃんと僕と、2人で暮らす冬の物語。
    荒井良二さんの挿画がとても可愛い。
    これを読むと、冬の始まりをを愛おしく思うようになります。
    「ああ、今年も白い小鳥ちゃんの冬がやってきた」って。

  • タイトル惚れして手に取った本。
    ぼくの部屋に、突然舞い込んできて、居着くようになった白い小鳥ちゃん。
    カルシウムじゃなくてアイスクリームを食べたいとか、綿を敷いたベッドをしつらえてほしいとか、自分用にスケート靴を作ってほしいとか、必ず翼で彼女との写真立てを倒すとか、なにかとわがままで生意気な小鳥ですが、それを厭うこともなく、愛情を持って面倒を見はじめるぼく。
    一見、ラブストーリーのようですが、ぼくにはちゃんと、完璧に近いガールフレンドがいるため、三角関係のような不思議な拮抗が生まれています。

    ガールフレンドは、話に少し現実感のスパイスを加えることと、小鳥にジェラシーを起こさせる役割を担った存在だと思います。
    ぼくの世話をする、しっかりした大人の彼女と、ぼくが世話をする、子供っぽい小鳥、という対極のタイプの間にいて、幸せそうなぼく。

    子供っぽいとはいえ、小鳥もきちんとわきまえていて、彼女の前ではいつも静かにしており、好き勝手言って甘えるのはぼくにだけ。
    その辺りの小悪魔っぷり、もう鳥には思えません。

    三者とも微妙な関係を保ちながら、さりげない日常が送られていく様子が記されていき、最後まで淡々と読めないこともありませんが、鳥好きの私には、このシチュエーションはとてもうらやましくてなりません。
    特に好きなのが、この小鳥と一緒と思われる、白文鳥なのです。
    時折、話の合間に鳥らしい仕草の描写が入るところが、たまりません。
    あまりにぼくの状況がうらやましすぎて、冷静にストーリーを追えませんでした(笑)。

    恋愛関係全般に巻き込まれ型だと思われる受け身型のぼくですが、実は曲者で、今の白い小鳥の前にも、以前迷いこんできたスズメと、1年半も一緒に暮らしていたとのこと。
    そのスズメにも小鳥ちゃんと名付けて読んでいたことが語られます。
    ペットショップの人にも顔を覚えられているほど、彼は、小鳥キラーのようです。

    そんな、過度に小鳥になつかれる彼氏を持つ彼女は、毅然とした大人の女性でないと、妬いてしまってとてもやっていけなさそう。
    私がこの話の中で一番なれそうにないのは、小鳥がライバル(?)の、この彼女ですね。

    小さいのにこまっしゃくれた利発な少女(?)というキャラクターに、著者の『すきまのおともだちたち』に出てきた女の子を連想しました。
    江國香織氏の作品は、特にこのような童話風のものの雰囲気作りがとても上手だと思いますが、エンディングがはっきりせず、解決しない現状維持をにおわせて終わるものが多いのは、私としては物足りないところ。
    まあ、小鳥がまた飛び去ってしまうまではこの関係は続くでしょうし、ほかの展開があるならば、童話を超えたどろどろものになってしまいそうなので、妥当な収まりどころなんでしょう。

    荒井良二氏のイラストも作品のイメージにとてもよく合っていて、ひたれました。
    普通に読むと、小鳥のワガママにイラッとするかもしれませんが、鳥好きにはそこがかわいくて、ぐっとくる話です。
    ああ、私の家の窓にも、どれだけワガママでも手間がかかってもいいから、きれいな白い小鳥が飛んでこないかしら。

  • まるで小さなラズベリーのような、
    一見可愛らしいお話

    だけど、一口噛んで、口中に広がるこの甘酸っぱさったら・・・

    昔読んだときは甘ったるさしか残らなかった

    今は酸っぱさが目にも心にも染みる

  • ツンツンとすました小鳥ちゃんが我儘で、愛らしい。
    金だらいに氷を張ってスケートする場面が好き。

  • わがままな小鳥ちゃんが可愛い!そのわがままを聞く「僕」はおおらかで
    優しくて、「僕の彼女」はしっかり者。
    小鳥ちゃんがいなければ、どうってことない平凡な日常になるんでしょう
    けど、スパイスのような存在がいるだけで、こんなにもポップで新鮮な
    日常に変化するんだなぁ…としみじみ感じます。

  • だいすきな本。ふと手に取りたくなります。「ぼく」と小鳥ちゃんと「ぼく」のガールフレンドの、ちょっとおかしくて可愛く、温かいお話。おしゃべりで気ままな小鳥ちゃんがとても愛らしいです。

全493件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

ぼくの小鳥ちゃんのその他の作品

ぼくの小鳥ちゃん 単行本 ぼくの小鳥ちゃん 江國香織

江國香織の作品

ツイートする