ぼくの小鳥ちゃん

著者 :
  • 新潮社
3.60
  • (414)
  • (444)
  • (1074)
  • (56)
  • (11)
本棚登録 : 4086
レビュー : 493
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 童話というかファンタジーというか、不思議なお話。

    雪の降る寒い朝、ぼくの部屋にやってきた小鳥ちゃん。小鳥ちゃんはラム酒の掛かったアイスクリームが好きで、堂々としていて、おしゃまな女の子。
    ぼくの部屋で暮らす日々。ぼくと恋人と小鳥ちゃん。その生活は微笑ましくてちょっと切ない。

    「きらきらひかる」の睦月と笑子と紺を思い出した。
    買ってよかったと思える本です。

  • ちょっと斜に構えたような態度とオンナ心いっぱいの小鳥ちゃんが凄く好き。小鳥ちゃんと私は似ている気がします。小鳥ちゃんになって好きな人の家に舞い込んでしまえたら、切なくて楽しいんだろうな。

  • ほんわか系の少しファンタジーなお話。ある日突然やってきた喋るかわいい小鳥ちゃんと彼女との少しだけ三角関係な日々。とくに大きな変化点もなくてあまり面白くなかった。

  • 夜中、おそくなってから雨が降りだした。世界じゅうを、すみずみまでずぶ濡れにしようときめているような雨だ。

    こんな風に世界を描けるようになりたい。
    久しぶりに読んだけど、やっぱり小鳥ちゃんかわいい。私もぴちゅぴちゅいわせたいわー

  • ある日、僕の部屋に迷いこんだ、小鳥ちゃんと僕の物語。小鳥ちゃんが、僕の彼女に嫉妬する姿がとても可愛らしい。

  • きれいな絵本。

    小鳥ちゃんが、わたしなりに愛おしかった。
    だからもちろん妬いたりもした。

  • 小鳥ちゃんかわいいです

  • 大好きな本。
    ちょっと手が掛かるけど可愛い可愛い小鳥ちゃん。

    私はあなたの小鳥ちゃんよね?

  • 大人の絵本。
    しゃべる小鳥との生活。春が待ち遠しい日々の出来事。
    小鳥との会話が、やさしくて、ちょっと切ない。

  • かわいらしいお話。

    完全に女子向きです。

全493件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

ぼくの小鳥ちゃんのその他の作品

ぼくの小鳥ちゃん 単行本 ぼくの小鳥ちゃん 江國香織

江國香織の作品

ツイートする