神様のボート (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (1037)
  • (1149)
  • (2504)
  • (166)
  • (45)
本棚登録 : 10168
レビュー : 1186
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339191

作品紹介・あらすじ

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。"私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子"。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。"私はあのひとのいない場所にはなじむわけにいかないの""神様のボートにのってしまったから"-恋愛の静かな狂気に囚われた母葉子と、その傍らで成長していく娘草子の遙かな旅の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 狂気といえるほどに愛を信じ続ける母親、葉子。そしてそんな母親に対する嫌悪感と愛情の間で悩み、やがてはそんな母のもとから脱皮して現実を生きだした娘、草子。
    いずれにおいてもこの親子は似ていて、 痛々しいほど自分をごまかせない人たちだと思った。
    母と娘のきっても切れない関係性がひしひしと伝わる読み応えある作品。

  • とても昔に読んだ本ですが印象的な本で。何が印象的だったかというと、自分はこの本を読んで、江國さんの、これは狂気の物語ですというのをとても感じ、そこが好きで、感動して知り合いに貸したら、全く違う感想がかえってきたところです。知り合いは、ママ、パパとまた会えてよかったね、と言ってましたが、マジかよ全然ちがーう!ってなりました。
    江國さんの本でこの本が一番好きです。娘は健全に現実世界をたくましく成長していく。ママはもう現実を生きているのかもわからない…もしかして…もう狂気の世界にしかいないのかもしれない?コントラストが見事です。

  • 秀逸なラスト!
    結局会えたのか、なんども、何年も、考えるけれどわからない。どちらだといいのかもわからない。わたしだったら会って数日一緒に過ごしてまた別れたい、かな。ボートに乗るということは、そういうことではないかな。




    理由は違うけれど、葉子たちのように引っ越しばかりしている。明日はあそこに行こうと思った場所が昔住んでいたところのことだったり、ふと浮かんだ風景がいつのことかわからなかったり、記憶は時々混乱を起こす。私のホームはどこだろうと前は悩んだりもしたけれど、最近はすっかり慣れて、今いる場所がわたしの居場所だと思っている。結局どこにいても同じなのだ。葉子たちは今どこにいるのかなと同志のようにときどき考える。

  • 2度目の読了。
    1度目は、信じていれば報われるんだ!ってこのストーリー自体に励ましてもらった記憶。
    2度目の今回は、少し怖かった。
    思考回路がぜんぶ「あのひと」経由の葉子。
    どれだけ草子が現実を突き出しても、その思考は揺らがない。信じて疑わない。頑なな信念と閉鎖的な思考がこわくなった。
    狂気の小説、一番危険な小説……まさに。

    それでもやっぱり大好きな小説。

  • 読んでいて胸が痛くなる物語がある。
    「神様のボート」はそんな物語だ。
    まともとは言えないほど純粋で一途な葉子の想い。
    母を愛し、母をいたわり、母を守り、母に従う娘・草子の思い。
    人を愛するということは、こんなにも辛いことなのだろうか。
    葉子自身は辛さを感じてはいない。
    何の保証もない約束を、ただ信じて生きている。
    その約束のためだけに生きている。
    だが、一歩離れたところから葉子を見ている読み手である私が感じるのは辛さだ。
    切なさだ。哀しみだ。

    成長するにしたがい、草子もまた同じように辛さを感じるようになる。
    「ママの世界にずっと住んでいられなくて」
    草子は母・葉子が住む夢のような、ある種狂気に彩られた蜃気楼のような世界に住むことをある日拒む。
    葉子の世界は葉子だけのもので、そこには草子の居場所はないと知っていたから。
    気がつくと草子寄りの視点で読んでいることに気づく。
    葉子の何気ない台詞や振る舞いにちょっとした苛立ちを感じたり、身勝手さに腹が立ったりもした。
    絹のようなさらりと渇いた手触りの物語は、痛みとともに妙な幸福感が読み終えた後に残る。
    何年か先、再びこの物語を読んでみたい。
    きっとまた違った思いで読むことができそうな気がする。

    余談だけれど、「世界一難しい恋」というドラマがある。
    脚本を書いている人はきっと江國さんのファンなんだろうなと。
    ヒロイン役がお薦めの本として「神様のボート」を差し出したり、お風呂あがりの牛乳をやたらと好きだったりするからだ。
    葉子自身は牛乳が嫌いなくせに、お風呂あがりには草子に牛乳を飲ませるのがきまりごとのようになっていた。
    ドラマでも牛乳嫌いな主人公と牛乳が大好きなヒロインとの間で、感情の変化を表現する大切なアイテムのひとつになっていた。
    小説のエピソードが、かたちを変えてドラマに登場するのは面白い。

  • 予定日2週間前に読む。
    宮古からよくこの本を持ってきたな私。
    母と娘と、母と愛する人の物語。
    草子は葉子の娘で、生きる目的で、愛する人との間にできた宝物で、愛する人の存在の証拠で。
    ここまでお父さんに恋をしつづけるお母さんてなかなかいない。離れていたから恋し続けられるのかもしれないけど。でもあの人がいるところが私の居場所、いないのなら私の居場所はどこにもないって感覚、私は分かる。人が帰る場所は人なんだ。家でも場所でもない。その居場所を見つけることは、人生の中の1つの大きな目的なのかも。目的というか、人が求めるもの。娘はいずれ離れていく。もうすぐ産まれる娘が私に甘える愛しい時間は、限られたものなんだな。そんなことを考えながら、草子が離れていってからの葉子の気持ちを読んでいたら、涙が出てきた。お母さんも私が宮古島にいくとき、東京で子供みたいな顔して泣いた時、そんな淋しさを感じていたのか。

  • 成長と共に変わっていってしまう子・草子と、ずっと変わることができない母・葉子の物語。
    読んでいてずっと、なんだか悲しかった。変わってしまうことも、変われないことも、どちらも悲しいんだと思った。

  • 「これからは頭は帽子をかぶるためだけに使うんだ」の宝探しはここから始まる。

    女が怖くなりました。

    こういう女性の頭脳的なところは、男性の俺には到底追いつけなくて、脅威的に感じられる。全ての女性が葉子のような考えを持っているとはいわない。しかし、どこかそれに通ずるものは持っていると思う。

    ●考えがすごく巡るのに、頭の使い方が下手な女
     葉子の生き方は行き当たりばったりのように見えるが、細かな思い入れがそこかしこに見える生き方をしている。
     「住む土地に馴染まないように生きる」なんて、一見子供の我がままと同レベルの思考だが、こんな些細なところにこだわりを見つけられるのは唖然。自分が彼のものでなくなってしまうことを恐れての行動であろうが、そんなことをかんがえつけるとは。彼に見つけてほしいなら動かない方がいいのに、思いついてしまったものは無視できないのだろう。男はそれを「下らない」と一蹴せざるを得ない。
     他にも、引越しとかで草子に大きな負担をかけてしまっているのに、草子のことは何よりも細かく気を遣うところ。そこにいないのに、現実が見えて悲しくなるのに、草子の父の誕生日を祝うところ。この辺の細かなこだわりは非常に女性的だと思った。

     そういう、木を見て森を見ずと言うか、俯瞰することが苦手なところがあるよね、女性って。
     せっかく色々考えているのに、求めているゴールにたどり着かなくって、逆に苦しんでしまう、女性の可哀想なところ。


     江國香織は細かい描写がスゴイ女性的。それは描写が主観的だから女性的に感じるのだろう。男がそれをやったら気持ち悪くなる描写の仕方。


    ●残酷な成長
     草子は安定した家庭環境とは言えない中でも、しっかりと成長していく。母の愛をきちんと受け止め、母を思いやる素晴しい少女に、そして大人の女性に育っていく。
     幼い頃の草子は、葉子の父に対する恋物語を聞いて共に喜んでいた。愛し合う両親に産んでもらって、片親ながら全霊の愛情をかけてくれる母の存在に対して単純に喜びを覚えていた。
     しかし、草子は葉子よりも精神的に大人になってしまった。これを感じた瞬間、淋しさがこみ上げてきた。


    ●ボート≒女性
     女性をボートにたとえてみる。ボートは繋がれていないと、どこかに漂って行ってしまう。誰かを載せて運ぶという、存在意義を失う。
     物語に登場する葉子以外の女性は、旦那がいる。つながれる場所をちゃんと持っている女性たちだ。しかし、葉子は繋がれていないボートのように漂って生きている。そう見えた。
     漂う女性はボートのように存在意義を失うのか。
     物語の前半では、葉子には草子という乗客がいた。しかし、途中で降りた。葉子は何のために生きていいか分からなくなった。

     自分はいつか誰かの舫い(もやい)綱をつなぎとめておける場所になりたいと思った。


    ___

     江國香織は『冷静と情熱のあいだ』も読んだが、女性の本質を表現できてしまう作家さんだと思う。この物語は特にそれを思わせる。
     おかげで、女性が面倒くさい生き物だと思えてくるじゃないか。

     思うところをたくさん生みださせてくれた、素晴しい作品でした。

  • 江國香織作品のなかできらきらひかると一二を争うくらい好き。
    江國香織得意のふたつの視点から

  • これほど素敵な始まりかたをする小説を私は知らない。
    これほど華麗に幸福の斧を振りかざしたような終わり方は読んだことがない。

    夢見がちの神様のボートに乗った母と現実を見る娘。
    交互に語られることで進んでいく物語。
    どちらかになりきって読んでしまうと思います。
    最後は絶対に誰にも予想できません。

    シシリアンキスはこの本の文章そのまま、琥珀色の甘ったるいカクテルでした。

全1186件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。
1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。
代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。

神様のボート (新潮文庫)のその他の作品

神様のボート 単行本 神様のボート 江國香織

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

神様のボート (新潮文庫)に関連する談話室の質問

神様のボート (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする