神様のボート (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (1050)
  • (1170)
  • (2515)
  • (167)
  • (46)
本棚登録 : 10482
レビュー : 1217
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 骨ごと解けるような恋をした母親と、その娘の物語。

    所在知れずの夫(草子にとっては父)を愛している葉子を、成長するにつれて次第に過去に閉じ込められているだけ・現実に目を背けているだけように感じる草子の想い。
    けれど葉子にとって夫は例え側にいなくて生死が分からない状態だとしても、過去ではなく、現在だし、未来なのだと思う。

    葉子は、葉子にとっては明確な航路(夫が探し出してくれることを信じて、どこにも馴染まないように転々とする)を進んで生きているつもりだが、それははたから見ると狂気でしかない。夫との繋がりである草子にそれを指摘され、草子が離れていく物語の終盤は、葉子の心もとなさが伝わり胸が締め付けられる。

    また、この作品でも居場所について言及がある。
    葉子は夫の側以外は自分の居場所ではないと言い切っている。「冷静と情熱の間」のフェデリカの言葉にも通じる。

    物語冒頭のシシリアンキスのエピソードの甘美さが物語の導入としてとても好き。
    江國さんの影響で、私はアマレットが好きになった。

  • 骨ごと溶けるような恋
    一体どんな感じなんだろうね

  • 愛する人と母子の話。海を散歩したり雰囲気が素敵でした。全体的に切なく後半の親子の会話はうるっときました。骨ごと溶けるような恋ってしてみたいw

  • あぁ、この瑞々しい透明感とか細い描線をなぞるような繊細さ。独特の世界観に思春期どっぷりハマったのを思い出した。

    孤独な母娘の物語。後半の中学生時代が、微妙なことばと心の揺れに共鳴し、読み応えあった。

    終幕の唐突感は否めないけれど、そのままでいたい気持ちと、年月の積み重ねに応じて変わる気持ち。この感覚を私も日常にもう少し取り込みたい。

  • 過去の恋に執着する母と前に進む娘

    すぎたことはみんな箱のなかに入ってしまうから、絶対になくす心配がない
    そんな考え方もあるのね。

  • 「言葉は危険なのだとママは言う。言葉で心に触れられたと感じたら、心の、それまで誰にも触れられたことのない場所に触られたと感じてしまったら、それはもう『アウト』なのだそうだ。」

    骨ごと溶けるような恋、草子のいう現実、それは両立しない、そうでしかありえない

  • 現実を生きたいって、草子と葉子が離れていく緊迫感。私は草子の成長物語として読んでたな。最後、あのあとどうなるの?ずっと再会することを確信してることもすごいし、そこが生きがいになってるのもすごい、はたして骨ごと溶けるような狂気じみた恋ができる人ってこの世にどのくらいの割合でいるんだろう。

  • 某男性芸人さんのオススメ本として紹介されていたので読んでみた。
    母と子とそこにはいない父親が自然体でお互いを思い合っているのが伝わってきていいなと思った。
    だんだん狂気じみてくるのが薄ら怖い。

    それにしてもこの本を好きだと言える男性、素敵すぎる。

  • ぴらぴらの靴下、少女趣味のアパートなど、柔らかくて的確な表現が好き。草子の成長を文体の変化から感じた。私の娘もこうやって成長していくのかと思うと、今この瞬間がかけがえのないものだと気づく。子は親の影響を受けて育つけど、いつかは巣だってしまうんだな。


  • 狂っているなと思うか
    信じる想いが強いのか

    「あの人」ベースで思考が進む母親と
    そうはなりたくない娘が織り成すストーリー。

    生きる上で何を大切にしたいかというだけで、きっとどちらも正しい。

    友人との待ち合わせのcaféにあった
    懐かしい一冊。
    わたしの読書遍歴の始まりの頃。

全1217件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

神様のボート (新潮文庫)のその他の作品

神様のボート 単行本 神様のボート 江國香織

江國香織の作品

ツイートする