ぬるい眠り (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.36
  • (146)
  • (460)
  • (996)
  • (91)
  • (20)
本棚登録 : 4447
レビュー : 500
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339238

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電車で読む本がなかったので、図書館に行って、久しぶりに江國香織の本を手にとった。

    短編集なんだけど、どれも微妙だった。
    レビューを見てると好きって人もいるけど、私はほとんど後味が悪い感じがした。

  • 昔はこの人の小説好きで沢山読んだんだけどなーー

    なんか変わっちゃったなぁ
    読んでて、胸が苦しくなる・・・・

    でも
    かりんとうをじゃこじゃこと食べる音や
    春巻きもじゃこじゃこと食べちゃう音
    こういう擬音は好き。

  • 本来自分のフィールドとは違う領域に、踏み込みつつある自分。在庫や予約を考えると、当分この路線です。嫌いではありませんが外れたときに、責任転嫁できず、忸怩たる思いに苛まれます。お好きな人には御免なさい。

  • 内容は詳しく覚えていないのですが、
    グロテスクな表現の部分があって、その先読めなくなってしまいました・・・。

  • 紺くんと睦月は絶対に別れちゃだめだよ。

  • なんとも感想がわかない。9編の短編が収録されている。気になったのは見知らぬ人のお葬式に参列する夫婦の話、「清水夫妻」読んだ先から忘れていくような感じ。

  • 微妙でした

  • ずっと、続くものなんてないのかなぁ。
    それともこれは、「ずっと続いて」いくものだって言えるものなのかな。
    きらきらひかるは、あれだけで十分である。

  • ここまで読んでしまうと江國香織の話ってあきてしまう。でもプルキニエ現象は、わたしもすき。

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

江國香織の作品

ツイートする