江戸の女子力―大奥猛女列伝 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
2.71
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101340913

作品紹介・あらすじ

江戸時代の女たちは、か弱く不自由な存在だった、というのは間違い!殊に将軍家や大名家に勤める奥女中たちは、金銭的にも性的にも自立し、身分を越えた大出世も夢ではなかった。奔放に性を愉しむ藩主の生母、本寿院。老中も擦り寄った大奥の権力者、姉小路。奥勤めで鍛えた知性で夫を負かすインテリ妻、川路高子など、江戸の史料が伝える逞しい女たちの実像。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見習わないと。

  • いつの世も「女子力」って凄いのね。

  • 京都に訪れた際、なぜか江戸史の本を買っちゃいました。

    日本史に疎い自分には、軽めのものから始まったほうがいいかなと思い。

    そもそも大奥についての史料が少ないため、
    著者の推測(大胆な想像力?期待?)に基づいた内容が多くて、
    猟奇的な読み物というイメージでした。

    まあそもそも自分は猟奇的な心理で買ってしまったわけですしね。

  • 結構逞しい江戸の女たち。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1954 年福島県生まれ。歴史学者。主な著書に、『武士道とエロス』『江戸の性風俗』(講談社現代新書)、『かたき討ち』『江戸人の性』(草思社文庫)、『サムライとヤクザ』(ちくま文庫)、『江戸奇人伝』(平凡社新書)、『江戸の少年』『増補 大江戸死体考』(平凡社ライブラリー)、『幕臣伝説』(洋泉社歴史新書y)、『江戸時代の罪と罰』(草思社)などがある。

氏家幹人の作品

ツイートする