茜色の戦記 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101341064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昭和18年から昭和20年8月末までの女学生の「私」、育子の日常と青春が、大本営発表の記録や新聞記事と共に差し挟まれている自伝的な小説。右にも左にも思想的に傾いていなく、時系列順に当時の状況、起こった事、「私」の経験が綴られている。「私」は「日本の戦争は、大東亜共栄圏建設のためであり、侵略戦争である筈がない。…米英蘭こそ、亜細亜の国々を戦略して、植民地にしてきた侵略国である。」と思うのだが、これはきっと市井の人々の共通した考えだったのだと思う。東京の大空襲が2回あったなんて。ワタシは戦争を知らなさすぎる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

昭和3年生 学習院女子短大卒 日本藝術院会員 作家
著書「玩具」(芥川賞)「智恵子飛ぶ」(芸術選奨文部大臣賞)ほか

「2019年 『季刊文科 79号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津村節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×