ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.35
  • (14)
  • (34)
  • (86)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 328
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101342115

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2004.08.12読了)(2002.08.30購入)
    日経の連載を読んで、前から気になっていたこの本を読んでみた。
    「ぼくは、今年になってからはまだ充分に身体に馴染んでいない熱気と光の横溢に目を細める。額に次々と吹き出す汗を幾度も腕で拭きなぐりながら、陽炎が立ってみえる緩やかな坂道の下方に視線を注ぎ続ける。」
    (このような描写が三島賞を受賞したる所以でしょうか。)
    本の題名は、主人公(斎木鮮)が、英語教師によって、「ア・ルース・フィッシュ」(だらしのないやつ)の例文に使われたことに由来している。主人公は、looseを辞書を引いてみて、「しまりのない」「だらしのない」・・・などの意味のほかに「自由な」「解き放たれた」という意味もあることに気付き、現在の自分に相応しいように感じられI am a loose boy.と思う。
    中学時代のガールフレンド、上杉幹、高校は別々の高校に進学したので、会う機会はなかった。上杉に呼び出され再び付き合い始めたが、上杉はテニスの能力を認められて私立高校に行ったが体調を崩して、テニスができず、目的を見失っている状態だった。
    親と一緒にいるのがいやだからアパートを借りて一緒に住みたいとか、抱いてと関係を迫られたり、・・・。一線を越えられずに、分かれた。
    その後上杉は、不良仲間と遊びまわり、妊娠し、退学させられたという。私生児を生み入院中といううわさを聞いた、斎木は、産院を訪ね、子供が里子に出されてしまうと困っているのを聞いて、アパートを借りて一緒に住もうと提案し、産院を連れ出してしまう。
    三畳のアパートを借りて、親子を住まわせ、必要な生活用品を買い集める。
    高校3年の斎木は、進学する気はなく、英語教師と喧嘩の末退学してしまった。
    乳飲み子を抱えた、幹を働かすわけにはいかないので、就職活動を始める。中学のころから新聞配達をしてきたけど、昼の仕事に切り替えようと思う。
    面接に行ってみるが、進学校の高校中退者を雇ってくれるところはない。
    しょんぼり公園のベンチにいると、街灯交換の作業を手伝うことになり、そのまま雇ってもらうことになった。切れた街灯を交換したり、街灯を増設するための穴掘り作業をしたり、仕事を覚えてゆく。幹も朝の4時半から7時までパン工場で働き出した。
    赤ん坊が病気になり、幹と赤ん坊は消えた。どこへ行ったのか全く連絡がない。一月ほどたって幹はやってきた。3週間ほど入院し、その後母子寮で過ごし、母親が子供を育てることを承知したので、家に帰ることになったのだという。
    その夜やっと幹と結ばれた。翌朝、幹は家に帰って行ったように思えたのだが、斎木の友人の話では、家には帰っていないという。子供の父親のところに行ったのではないかという。斎木は、仕事を覚えながら、幹の帰ってくる日を待とうと思う。
    (著者の履歴の中に、週刊誌記者、土木作業員、電気工事の仕事をしたことがあると書いてあったので、小説の中にその経験が織り込まれていることがわかる。電気工事の仕事の場面は実に詳しく書いてある。新聞配達の仕事も実にリアルなので、これも体験したことなのかもしれない。)
    男の子(人間)は、仕事を覚えることを通じで、精神的に自立してゆくことを描きたかった作品なのだと思う。

    著者 佐伯 一麦
    1959年 宮城県生まれ
     宮城県立仙台第一高等学校卒業
    1984年 「木を接ぐ」で海燕新人文学賞受賞
    1990年 「ショート・サーキット」で野間文芸新人賞受賞
    1991年 「ア・ルース・ボーイ」で三島由紀夫賞受賞
    2002年7月から2003年11月まで「鉄塔家族」を日本経済新聞・夕刊に連載。

  • 高校のとき先生から薦められた本。
    本棚に眠っていたので読み返してみた。

    当時はこの本を読んでも全然共感できなかったけど、
    今になってようやく分かる気がする。

    進学校特有の様々な制約の中で、それでもエネルギーにあふれてた時代。
    もう一度高校生活をやり直したいとは思うけど、それじゃ駄目なんよね。

    あの時から学べるものを学び、しっかり未来を見据えていきたいとおもう。

  • 今となっては、古い話のような、少年の物語。私小説作家、佐伯一麦の出発。

  • 最初からズバっと決めて行動しちゃうような潔い主人公だとは思っていたけれど、仕事を始めだしてからはその性格に磨きがかかり、カッコイイ。読み始めは反抗期の少年の話なのかと思えば、主人公はべつに反抗期だからまわりに反抗したわけじゃなくて、自分の考えに沿って行動していることが次第にわかる。電気工職人の道へ踏み出した主人公が、大学へと進む同級生達の卒業式を体育館の照明を修理しながら見下ろすラストがまたカッコイイ。

  • 17歳
    この年齢は、10代の中でも大きなポイントなのかもしれない。
    数多くの書物で、この年齢を題材にしたものがある。

    盛んな時期で、物事にぶつかり、自分自身が何者なのか、よく見えなくなり、周りと自分を比較して
    変に大人びて、変にあせって・・
    それが青春問わえれれば、そうなのかもしれないが・・・

    物語は、仙台が舞台
    仙台の進学校に通う少年が高校を退学
    中学校時代の彼女で女子高に通っていた少女が結婚しないまま、子供を出産する。
    2人は、共同生活をはじめ、少年は必死に働きながら、目の前の現実と向かい合いながら、大人への階段を
    徐々に登っていく。

  • 非常によい小説であると思うのだが、これを読んだときに自分が求めていたものとはちょっと違ってしまっていて、感動するところまではいかなかった。

  • 青春小説

  • 内容紹介
    loose(lu:s)a. (1)緩んだ.(2)ずさんな.(3)だらしのない.……(5)自由な.――英語教師が押した烙印はむしろ少年に生きる勇気を与えた。県下有数の進学校を中退した少年と出産して女子校を退学した少女と生後間もない赤ん坊。三人の暮らしは危うく脆弱なものにみえたが、それは決してママゴトなどではなく、生きることを必死に全うしようとする崇高な人間の営みであった。三島賞受賞。

    ドロップアウトからの再生。この辺りは文学に重要な要素と私常々考えております。大金持ちで安楽で平穏無事じゃあ誰も読まないですから。
    そうは思っても高校からドロップアウトして苦労する事を身近な若者に勧める何てことは普通の大人であれば無いでしょう。もう少しだけ我慢しなさいと絶対にたしなめるはず。なのでこの主人公のしている行動は理解は出来るけれども、その先行きの暗さに暗澹たる思いがします。17歳で自分の子供では無い赤子を抱えての逃避行、名前を届け出も出来ず、でも子供を自分で育てたいという元恋人の想いを受け止めてのぎりぎりの生活。自分の子供がやるなんて言ったら全力で阻止するでしょう。でも分かるんですよ、若かりし日に自己犠牲を伴う奉仕をする時の崇高な輝きのようなもの。振り返ればそういうヒロイズムは自分にも有ったと思います。
    なので、この本を読んだ大人は馬鹿だな馬鹿だなと思いつつ応援してしまうのです。切ない話では有りますが、主人公が自分の人生と向き合っていく所は読んでいて胸が熱くなりました。

  • 「ザ・昭和の青春」という感じだなー。教師や親はみんな敵、みたいな感覚は平成ヤングに理解できるかどうか。

  • 「軍隊式クイズ大会」といったおもむきの
    高校教育がばかばかしくなった!
    ということもあるんだが
    主人公は、女と同居して自活するために学校をやめてしまうんだ
    若気の至りである
    一年前まで、わりに親密だったとはいえ
    彼女にはいまや別の男とのあいだにできた子供がいるんだ
    それをあえて受け入れようって理由が
    周りの空気に煽られてのこともあるというのだから頼りない
    やさしいというかお人好しというか、真に受ける性格というか
    若気の至りなんである
    そんなことだから、一年前にはセックスに失敗したのだ
    女のほうも女のほうで、そんな主人公を避難所あつかいして
    元の男の所といったりきたりするんだから
    不安であることを差し引いてもヒドイ
    んでもってそんな女を高みから見下ろして許してるような気になって
    なんか成長した気分になってる主人公も
    やっぱりヒドイ
    若気の至りなんだなあ

    ルース、という言葉には
    「しまりのない」「だらしのない」といった意味のほかに
    「自由」といった意味もある
    主人公は、学生らしくそれを大発見だと思い込むのだが
    まあなんのことはない
    自由とはしまりのないものなんであろうきっと

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐伯一麦(さえき・かずみ)
1959年、宮城県仙台市生まれ。仙台第一高等学校卒業。上京して雑誌記者、電気工などさまざまな職に就きながら、1984年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞する。1990年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、翌年『ア・ルース・ボーイ』で三島由紀夫賞。その後、帰郷して作家活動に専念する。1997年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大佛次郎賞、2007年『ノルゲNorge』で野間文芸賞、2014年『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞をそれぞれ受賞。


「2019年 『山海記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯一麦の作品

ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×