ラストドリーム (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.07
  • (1)
  • (6)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 102
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101345208

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 舞台が道南、空知、札幌、北陸、東南アジアと、親しみの感じる地だっただけにより一層面白く読めた。

  • 久しぶりの志水辰夫作品。
    当然ながらハードボイルドかと読み始めたが、そもそもミステリー小説でもなく、やや肩透かし。特に一人称単数で語られる文体でない時点で、少し落胆してしまった。
    物語は中年男の現在と過去が入れ代わり立ち代わり展開する。内容は仕事だったり、若くして癌で亡くした妻との想い出だったり、旅先で偶然知り合った老人の人生だったり。
    基本的には切ない内容で、退屈せず読了したが、他人にオススメできるほどの作品ではないかな。

  • 内容紹介
    真っ暗な穴のなかへ落ちてゆく夢を見た。青函トンネルを走る列車で目覚めた時、彼は自分自身を失っていた。あてどなき魂の旅が始まった。ライバルと競った若き時代。徒手空拳で海外事業に挑んだあの頃。少女にいざなわれた炭鉱町の最盛期。そして、妻と過ごしたかけがえのないとき――。時空を行きつ戻りつしながら、男は人生の意味を噛みしめる。大人のための、ほろ苦い長篇小説。

  • 何かを背負って男が現実と向かいあっていく成長譚。
    いくつになってもロマンを追い、過去に縛られる。

    イッツ・ア・メンズワールド

  • 久し振りの志水辰夫。

    はっきり言って、志水辰夫にしては失敗作ではないだろうか。期待した志水節を聞こえこない。

    記憶喪失の男が北の大地で…と期待したのだが。どうしたんだ。

  • 随分前に読んでいましたが
    レビューしてなかった

    時間の移動があったりして
    読みづらかった作品

  • 男は、北を目指していた。正確には、夕張に行きたかったのだ。
    妻のふるさと、夕張に。

    気がつけば、植内に来ていた。
    行けないのだ。
    行けると思っていたのに・・・いや、完璧に北海道まで来ていたのだ。
    ただ、気がつくと自宅近くの東京に帰ってきている。
    妻が亡くなったことが、こんなにも大きな打撃になっているとは、
    思いもしなかった。

    ::::::::::::::::::::::::::::

    壮年親父の回顧録
    読んでいて楽しかった。
    人生は、十字架を背負って生きるもんだぜ  フッ
    みたいな印象を受けた

  • 真っ暗な穴のなかへ落ちてゆく夢を見た。青函トンネルを走る列車で目覚めた時、彼は自分自身を失っていた。あてどなき魂の旅が始まった。ライバルと競った若き時代。徒手空拳で海外事業に挑んだあの頃。少女にいざなわれた炭鉱町の最盛期。そして、妻と過ごしたかけがえのないとき―。時空を行きつ戻りつしながら、男は人生の意味を噛みしめる。大人のための、ほろ苦い長篇小説。

  • <table style=\"width:75%;border:0;\" border=\"0\"><tr><td style=\"border:none;\" valign=\"top\" align=\"center\"><a href=\"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101345201/yorimichikan-22/ref=nosim/\" target=\"_blank\"><img src=\"http://ecx.images-amazon.com/images/I/51cbl7taoOL._SL160_.jpg\" alt=\"ラストドリーム (新潮文庫)\" border=\"0\"></a></td><td style=\"padding:0 0.4em;border:0;\" valign=\"top\"><a href=\"http://blog.fc2.com/goods/4101345201/yorimichikan-22\" target=\"_blank\">ラストドリーム (新潮文庫)</a><br />(2007/08)<br />志水 辰夫<br /><br /><a href=\"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101345201/yorimichikan-22/ref=nosim/\" target=\"_blank\">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
    <blockquote><p><strong>真っ暗な穴のなかへ落ちてゆく夢を見た。青函トンネルを走る列車で目覚めた時、彼は自分自身を失っていた。あてどなき魂の旅が始まった。ライバルと競った若き時代。徒手空拳で海外事業に挑んだあの頃。少女にいざなわれた炭鉱町の最盛期。そして、妻と過ごしたかけがえのないとき―。時空を行きつ戻りつしながら、男は人生の意味を噛みしめる。大人のための、ほろ苦い長篇小説。</strong></p></blockquote>
    冒頭から穏やかならない。青函トンネルの中で目を覚ました主人公・長渕は、身分を示すものを何も身につけておらず、記憶を失くしているのだった。長渕の出所を探るサスペンスかと思いきや、物語は時間を行きつ戻りつしながら、彼の生き様を、仕事の面から、あるいは妻との関わりの面から描き出すのである。
    寂れてしまった炭鉱の町・夕張を意識の底に敷き詰めたことで、懐かしさや寂寞感を漂わせ、ある種のファンタジーのように感じられることもある。さまざまな要素が盛り込まれていて、不思議な読後感の一冊である。

  • 2007/8/31ジュンク堂住吉シーア店にて購入。
    2013/2/11~2/16

    久しぶりのシミタツ作品。細かいことは書くまい。シミタツ節にただ浸るのみ。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年、高知県生まれ。雑誌のライターなどを経て、81年『飢えて狼』で小説家デビュー。86年『背いて故郷』で日本推理作家協会賞、91年『行きずりの街』で日本冒険小説協会大賞、2001年『きのうの空』で柴田錬三郎賞を受賞。2007年、初の時代小説『青に候』刊行、以降、『みのたけの春』(2008年 集英社)『つばくろ越え』(2009年 新潮社)『引かれ者でござい蓬莱屋帳外控』(2010年 新潮社)『夜去り川』(2011年 文藝春秋)『待ち伏せ街道 蓬莱屋帳外控』(2011年新潮社)と時代小説の刊行が続く。

「2019年 『疾れ、新蔵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志水辰夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×