歪曲報道: 巨大メディアの「騙しの手口」 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.46
  • (4)
  • (10)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101345949

作品紹介・あらすじ

日本人を貶めるためなら、事実の歪曲どころか歴史の捏造さえ厭わない。それが巨大メディアの正体だ。殺人鬼を野に放ち更なる犠牲者を出した朝日新聞と共同通信。カルト教団に取材テープを見せ、無辜の命を奪ったTBS。ついに白日の下に晒された、吉田清二による「従軍慰安婦狩り」証言のウソ……。ニュースには、必ず偽物がまじっている。反日ジャーナリズムの欺瞞を暴く、驚愕の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネット上で言われているような事を詳しく書いた本。
    感情論を抜きにしても報道にはちょっと酷いところがあるようです。

  • 冒頭、アメリカ人が著者に
    「日本はアジアの国に悪いことをしたな」と言い、
    著者に反撃され罵倒して去った件。
    後日そのアメリカ人は日本人に対し付き合いの主導権を取るためのセリフだったと暴露している。
    そしてその方法を使い反撃されたことは初めてだ、とも。

    そのアメリカ人の言う今までの「日本人」、新聞記者であり、総領事の役人、一流企業の駐在員、が如何に日本の歴史にも世界の歴史にも無知か。外国人が日本に対して取るマウンティングに対してされ放題だったのかがわかる。

  • 徹底的に朝日新聞を口撃した。かつて朝刊5紙を自分のこどもにページをめくらせながら読んでたという人がいるが、そもそも新聞により記事の優先順位、内容が異なることはあるものだ。20171120


  • 134
    くたばれ朝日新聞!日本の敵!

  • かなり右に行っているので全てを鵜呑みには出来ないが、日本のメディアに対してもやもやしていた原因が分かった。やはり多極的に物事を捉えて自分で判断する力が必要。

  • 何が事実か??高校の頃、本田勝一にハマったんで微妙な感じが。しかしかなり知恵がついたよーな。

  • かなり偏っています。

  • 少し古い本ですが文庫化されたので。

    メディアのあるべき姿として公正な報道と、権力の暴走を糾す姿勢があるかと思いますが、こと外交問題に関しては国益を守るという視点が必須であるということが前提です。

    その上で、朝日新聞やNHKの偏向報道について実例を挙げて糾弾している本です。

    少し話がいったりきたりしますが、勉強になりますし、概ね同感。左翼がインテリなわけではないと思うのですが、一度染み付いたパターンは変えられないのですかね。

    従軍慰安婦問題については、朝日新聞を何らかの罪に問えないのかと強い憤りを感じます。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1942年、東京生まれ。1965年、東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社入社。社会部次長、テヘラン支局長、ロサンゼルス支局長を経て、産経新聞夕刊にて時事コラム「高山正之の異見自在」を執筆。『週刊新潮』の「変見自在」など名コラムニストとして知られる。著書に、『日本人よ強かになれ』(ワック)、『変見自在中国は2020年で終わる』『韓国への絶縁状』(新潮社)、『アメリカと中国は偉そうに嘘をつく』『韓国とメディアは恥ずかしげもなく嘘をつく』(徳間書店)、共著に『世界を震撼させた歴史の国日本』(徳間書店)など。

「2020年 『中国と韓国は息を吐くように嘘をつく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高山正之の作品

歪曲報道: 巨大メディアの「騙しの手口」 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×