美の世界旅行 (新潮文庫)

著者 : 岡本太郎
  • 新潮社 (2016年7月28日発売)
3.06
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101346236

作品紹介・あらすじ

70年代、稀代の芸術家は世界を旅した。恐れと憧れを抱き続けたインド、熱く壮大なスペイン、全身が震えるほど愛するメキシコ、人生観が変わった韓国……。各国の建築と美術を独自の視点で語り尽くし、現地の人々の暮らしに生身で入り込んでゆく。美の世界旅行、それは、太郎にしかできない太郎全開の旅――。長年の時を経ても驚くほど新しく瑞々しい、世界旅行の全記録を初めて文庫化!

美の世界旅行 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『生命爆発紀行』

    岡本太郎が世界中を旅行し、その都度、ナマの体から湧き上がる思いを執筆した作品。
    印象に残っている話はメキシコだ。
    作品よりも、その作品の見えない裏側になにかとてつもない臭気の色や形が目を大きく見開いて鑑賞者につきつける感じ。
    そのナマな表現はこれからますます浮き彫りとなり、宇宙の誕生、ビッグバーンのような響きが伝達していく。

  • 太郎さんの感性には熱がある。生命の根源から湧き起こるもの、その熱量を感じるものが好きなのだね。訪れた土地や美についての語りが岡本太郎らしいんじゃないかと思う。触れた美術や文化、風習から命の躍動を感じ取り、その刺激に自身の魂を奮わせ創作に活かしていたのかな。おどけた顔をしているカバー写真。その両目は彼自身の宇宙に繋がっている。

  • 70年代インド、スペイン、韓国、メキシコと美術と建築を見つめた旅の記録。幻の名著が文庫化。現地の文化を吸収し感動をあるがまま書き連ねるバイタリティはそのまま太郎の作品のように迫力が溢れている。

全5件中 1 - 5件を表示

美の世界旅行 (新潮文庫)のその他の作品

岡本太郎の作品

美の世界旅行 (新潮文庫)はこんな本です

美の世界旅行 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする