リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫

著者 :
  • 新潮社
3.75
  • (202)
  • (169)
  • (316)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 1528
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101347158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まずまず

  • 私にとって、とても読みづらい文章なんですが、とても気になって、気になって、ゆっくりですが、じっくりと読みます。

    ラストに向かっての展開が今までの謎が一気に解ける解放感と、せつなさ、やるせなさ・・・・。

    今回もやられました!!!

  • ル・カレなど、往年のスパイ物を読み込んで発酵させた高村ワールドならでは。

  • 伝書鳩が大好きですvV

  • エードリアンは、ものすごく幸せ者だと思った。
    また読みたい。

  • ある意味、ぞっとする話だ。
    http://beautifulone.jugem.jp/?eid=215/

  • スパイの世界のリアリティを感じるんだけど
    ほとんどの人は本当のスパイの世界なんか知らない。
    この、感じている「リアリティ」って一体なんだろう?

    レン・デイトンを思い出す

  • 2009.1.12買取申込

  • 081202(n 081220)
    090111(s 090112)

  • IRAにMI5にMI6にCIA!男たちの壮大で壮絶な闘い。抗うことのできない運命に翻弄され、胸に闇を抱えながらも命を懸けて突き進むしかない彼らの生き様に圧倒されてクラクラする。</ br>それにしてもこの素晴らしき燃えと萌えの融合よ!ダーラム侯とシンクレアがなんとも切ない。

全111件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

高村 薫(たかむら かおる)
1953年大阪市東住吉区生まれ、現在大阪府吹田市在住。国際基督教大学教養学部人文学科(フランス文学専攻)卒業。外資系商社の勤務を経て、作家活動に入る。
1990年『黄金を抱いて翔べ』で日本推理サスペンス大賞、1993年『マークスの山』で直木三十五賞、1998年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞、2016年刊行の『土の記』では大佛次郎賞、野間文芸賞、毎日芸術賞をそれぞれ受賞し、新たな代表作となった。
『レディ・ジョーカー』を境として、重厚な社会派ミステリーから純文学に転向。織田作之助賞選考委員を務める。

高村薫の作品

ツイートする