レディ・ジョーカー 上 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.82
  • (170)
  • (253)
  • (170)
  • (41)
  • (12)
本棚登録 : 2223
レビュー : 178
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101347165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高村薫さんならではの重厚な滑り出し。
    グリコ・森永事件が元になってるお話。
    続いて中巻を読み始めます。

    合田雄一郎と加納祐介が出てくるんだけど、私は彼らを何で読んだんだろう?
    『マークスの山』かな??

  • 戦時中から続いている日之出ビール。
    そこに手紙が届く。
    元従業員からの意見書。元同僚の解雇理由に異議を唱えるそれは同和問題を孕んでおり、日之出内部で握りつぶされた。
    時は移り現代、テープが届いた。その昔日之出ビールに届いた手紙を読み上げたものだった。
    どこから漏れたのか、何のために送られてきたのか。
    そこから物語が見え始める。

    高村小説に必須(?)の白スニーカー合田刑事が登場します。
    無駄にキれる頭であれこれと職業にそぐわない(失礼)哲学的な思索など悶々とやらかします。

    ちょいちょいと魅力的なキャラが出てきて気になります。
    ヨウちゃん、物井さんの関係が他人であるのに放っておけないという生暖かさを孕んでいてよいです。
    事件がガンガンに起こって展開がスピーディ。

  • さすがです。

  • 秦野親子(父と息子)の死が痛い。日本の内外を含む差別、障害者、日本の企業的社会構図など重いテーマ(問題)がのしかかる。そもそも布川の娘を作戦名にしたところにも底知れぬ哀しみを感じる。

  • 言わずと知れた「レディジョーカー」
    エンターテイメントとしても有名になりました
    私の中では「テンコモリ」な小説です

  • 「李オウ」を読んで、物語としてはそれなりに楽しめるけど、回りくどさが気になったのと、ジャンル的にハードボイルド的だったのが、自分的にいまひとつな印象を持ってしまった原因でした。それから本作者をつい避けてしまっていたんだけど、方々で評価の高いこれくらい、せめて読んでおこうと思って手を出した次第。で、これは面白いですね、ハイ。まだ物語の序盤で、これから膨らんでいく途上なんでしょうが、企業の闇をうまい具合に絡ませて、一筋縄ではいかないミステリになりそうな予感が満点。続きも楽しめそうで嬉しいです。

  • 相変わらず登場人物の内面に切り込んだ描写がこれでもかと続きます。でも、本作品はこの作者のものの中では読みやすい方だと思います。

  • 私のバイブル。

  • 重い。とにかく重厚。読み終えるといい意味でドッと疲れる。
    情景が想像できるようなディティール描写は圧巻。

  • (^^)

全178件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

高村 薫(たかむら かおる)
1953年大阪市東住吉区生まれ、現在大阪府吹田市在住。国際基督教大学教養学部人文学科(フランス文学専攻)卒業。外資系商社の勤務を経て、作家活動に入る。
1990年『黄金を抱いて翔べ』で日本推理サスペンス大賞、1993年『マークスの山』で直木三十五賞、1998年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞、2016年刊行の『土の記』では大佛次郎賞、野間文芸賞、毎日芸術賞をそれぞれ受賞し、新たな代表作となった。
『レディ・ジョーカー』を境として、重厚な社会派ミステリーから純文学に転向。織田作之助賞選考委員を務める。

高村薫の作品

ツイートする