窓の魚 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (53)
  • (165)
  • (324)
  • (106)
  • (24)
本棚登録 : 2425
レビュー : 278
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349565

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 温泉宿で一夜を過ごす2組の恋人たち。
    静かなナツ、優しいアキオ、可愛いハルナ、無関心なトウヤマ。
    人生を拗らせた方々・・・

  • 奥が深いお話なのかもしれないけれど、そこまで読む説くことができませんでした。

  •  わたしが期待した西加奈子らしさってあったかな、暗い方の西加奈子が多めに出た作品、いつもは明るさの中の暗さ少な目、ナナサンの比率がちょうど心地いいんだけど、この作品は逆でサンナナで暗さが勝ってる。西加奈子作品の明るさとユーモアに惹かれているわたしとしては星みっつ。

  • 温泉旅行中に読んだらゾクッとしそう。みんな違う方向に伸びる一本の線みたい。

  • 個人的には、そんなにグッと来なかったな〜。

  • 人が誰しも持っているであろう屈折した一面、を徹底的に突き詰めた、ゾッとするけど清々しい小説。
    西加奈子さんの本はまだ数冊読んだだけだけど、漁港の肉子ちゃんだったりうつくしい人だったり、どちらかといえばほっこりするような作品だったからこういう話も書くのかー、と新鮮に感じた。白いしるしはちょっとだけこっち寄りかもしれない。
    自分の読解力ではこの小説をすべて上手に消化することができなかった。それはつまりまだ味わえていない魅力が残っているということだから、焼き魚を頭と骨以外ぜんぶキレイに食べられるくらいになったらまた読み返したい。

  • 西加奈子3冊目。苦しい現実を想像力と明るさで乗り切る作品を書いている作家というイメージが強いが、この『窓の魚』は終始暗くじめっとしていた。予想外だったが私は元々これくらいの暗さが好きなので結果オーライ。とても面白かった。じわじわと暗示的に明かされていく登場人物たちの「影」が気になって、いつの間にか作品に引き込まれていた。

    4人がそれぞれ昔からの強い不安を引きずっている。その不安に引っ張られて互いに勝手な思い違いをしているのが面白い。人間というのは自分の経験に基づいてしか考えることができないし、自分以外のことは本質的に分かり得ないということを再認識させてくれる。過去の経験や現在抱えている不安などの歪んだフィルターを通してしか物事を認識できないし、2者が互いに分かり合うなんてことも自分というフィルターがある限り原理的に不可能なわけである。けれどもこの作品は暗い現実を突きつけるだけではなく、ちゃんと希望も見出していて、それが「話したい」という欲求というのがなんとも人間的でよい。話したい、なんでもないことを気ままに語り合いたいという欲求は人間にとって根源的なものなんだと思う。もちろん話したところで完全に理解されないのは変わらないんだけど、話したいことを話したという満足感を互いに与え合うことができれば、それは良いことに違いない。

  • 今まで読んだ西加奈子の小説とは全く異なった作品だと思った。川上弘美の作品のような感じ。「さくら」、「こうふくみどりの」が好きだが、この作品も後からジワジワと良さが沁みてくる。二度読みは必須かも。

  • まだ私には難しかったようです…

  • 西さんの本を初めて読みました。独特な表現、目に見えるもの心で感じるもの全てを圧倒的な表現力で描写していて、ゾクゾクしながら読みました。現実のような、別世界のような、なんとも言えない不思議な世界が漂っています。雑誌などで見かける西さんの明るい笑顔とあまりにギャップがあったので、びっくりしました。

全278件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

西加奈子(にし かなこ)
1977年、イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪府堺市で育つ。関西大学法学部卒業。雑誌「ぴあ」のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞、2011年咲くやこの花賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
その他代表作として、宮崎あおい・向井理出演で映画化された絵本『きいろいゾウ』、同じく映画化された『円卓』、20万部を超えるベストセラー『さくら』、本屋大賞ノミネート作『i』など。2020年初夏、『さくら』が映画化決定。プロレス好きとして知られる。お気に入りの本は『アントニオ猪木詩集』。

窓の魚 (新潮文庫)のその他の作品

窓の魚 単行本 窓の魚 西加奈子

西加奈子の作品

ツイートする