窓の魚 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (53)
  • (165)
  • (324)
  • (106)
  • (24)
本棚登録 : 2426
レビュー : 278
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349565

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やべぇこえぇやべぇこえぇやべぇこえぇでもおもしれぇ! ハンパねぇェ!!

    西加奈子2冊目だけど、初が「きりこについて」だったから、あらすじ読んだだけで前とちょっと違うと思って積んでた。だけど読み出したら止まらない止まらない。怒涛のイッキ飲み、いや読み。という感想だけだと、読んでない人にはなんのことやらですね。ネタバレを書くのは主義に反するので極力控えます。

    とにかくドキドキハラハライライラ最終章は読み進むにつれドキバクガクブル?しながら、怖い怖いこわいでも止まらないー!と、3時間ほどで一気に読んでしまった。なんという裏切りというか。文章は静かで穏やかで、でも楽しそうなのにそう読めなくて、正直最初はよくわからない。

    4人の登場人物たちはみんなそれぞれいろんな悩みや嘘や裏切りなど、深いものを抱えていて、かなり暗い。ドロドロしてたり、好意を上手く相手に伝えられなかったり。三角関係? とも取れたけどもっと複雑。決して恋愛話ではない。ミステリーかホラーか、それとも?としばらく悩みながら読んだ。

    そして結末は読者の解釈次第て…謎は残ったけど、そんなことはどうでもいい。多分あの人だ。そしてあの人じゃない。よかった、と勝手に解釈。猫と犬の名前はなんとなく、暗示的だと思う。

    中村文則さんの解説は大変失礼だけど、本当おまけみたいなものです。あとで読んでほしい。あとからなるほど、と思えば充分。

    ただビールについての言及は流したかな、と思って読み返してみたら、流石西さん!と妙に納得。ビール飲みにしかわからないとは思うけど。ごめんなさい中村さん、おまけとか書いちゃって。

    まず読んだあと中村さんのように「余韻に浸」りつつぼーっとして、気になるところや、謎とか不明なとことかをもう一度読み返したりとか、がいいと思います。反芻?

    未読の「サラバ!」いまさらだけどすぐ読めなかったことが悔やまれる。文庫はまだしばらくないかなぁ。

    とにかく西加奈子、恐ろしい子…。

  • 西さんってこういう文章を書くんだと思う。
    4人が同じ場所に集まっていても、何か傍目からはわからないものを抱えている。
    結局人はいつだって1人の孤独な生き物なんだということを思い知らされているようにも思う。
    そして宿には死体が見つかる。個人的には、はかなさの象徴のようにも思う。
    4人がそれぞれ抱える闇をいつか克服する日は来るのか。
    おそらく来るけど。

  • 二組のカップルが喧騒から離れた川沿いの温泉宿を訪れる。それぞれにいろいろな過去を抱えて、お互いに何か思うところもありそうで。

    安易なミステリー物にせずに、丹念に過去の描写をして含みのある会話と行動をさせるところが良い。

    この物語の真相も、その後も、一つに結論づけるのではなく、いろんな可能性を想像してみるのも面白いかなと思う。一気に読み進めて、その後でじっくり反芻して自分なりの輪郭をもたせてみたい。


    2015.8.19

  • 男性の描きかたとか、話のつじつまとか、ビミョーにちぐはぐじゃないかと思わないではないけど、間違いなく傑作。最初はまぁ、この程度かと思ったけど、重ねれば重ねるほど面白くなっていくのは、テクニック、技術がすごい。一つ一つの細部が本当に良くできている。ぜひ、読んでみて。

  • 西加奈子さんは何となく苦手なイメージがあったけれど
    この作品は好きだった。

    心理描写も風景描写も
    まるで煙で覆われているかのような印象、でもその距離感から彼等をみていることがが逆に物語を読む消化材料にすらなった気がする。

    何度も繰り返しこの小説に触れていたい、そんなふうに思える作品だった。

  • 描写が素晴らしくて、
    風景が目の前に浮かんでくる感じがした。
    いろいろと疑問に残るところがあるが、
    心地いい疑問だった。
    自分の中でうまく
    解釈して行こうと思う。
    また、読み直したら
    ちがうように感じるのかな。

  • 人が誰しも持っているであろう屈折した一面、を徹底的に突き詰めた、ゾッとするけど清々しい小説。
    西加奈子さんの本はまだ数冊読んだだけだけど、漁港の肉子ちゃんだったりうつくしい人だったり、どちらかといえばほっこりするような作品だったからこういう話も書くのかー、と新鮮に感じた。白いしるしはちょっとだけこっち寄りかもしれない。
    自分の読解力ではこの小説をすべて上手に消化することができなかった。それはつまりまだ味わえていない魅力が残っているということだから、焼き魚を頭と骨以外ぜんぶキレイに食べられるくらいになったらまた読み返したい。

  • 決して混じり合わない、でも時々予想もしないところで混じり合う、人と人の心。好きとか嫌いという感情だけではくくれない、誰かに対する気持ち。生きてるといろんなことがある。誰にもわかってもらえない気持ちを抱えながら、決してわかりあえない誰かを愛したり憎んだりする。そういうもんだよなーと思った。すごい小説だった。

  • キツイなー。描写が濃厚すぎて、不安になる。何気ないシーンでもドキドキしてしまう。
    恐ろしい。
    おそろしい作家だ。この人は。

  • この作品の持つ気怠さに五つ星!
    筆力がすごいです。
    章ごとに各人物からの視点で語られる手法も、人の心を覗き見るようで読み進んでしまった。
    幻想的でありながら、深く抉られてる歪み。
    読み手の数だけ答えがありそうな、そんな作品。

著者プロフィール

西加奈子(にし かなこ)
1977年、イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪府堺市で育つ。関西大学法学部卒業。雑誌「ぴあ」のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞、2011年咲くやこの花賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
その他代表作として、宮崎あおい・向井理出演で映画化された絵本『きいろいゾウ』、同じく映画化された『円卓』、20万部を超えるベストセラー『さくら』、本屋大賞ノミネート作『i』など。2020年初夏、『さくら』が映画化決定。プロレス好きとして知られる。お気に入りの本は『アントニオ猪木詩集』。

窓の魚 (新潮文庫)のその他の作品

窓の魚 単行本 窓の魚 西加奈子

西加奈子の作品

ツイートする