村上海賊の娘(二) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (101)
  • (238)
  • (174)
  • (21)
  • (1)
本棚登録 : 1604
レビュー : 141
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349794

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1〜4巻を通しての感想)
    史実に基づいて書かれており出典文献と解説を交えて詳細に書かれている点は歴史好きにとっては嬉しい。
    ただし、戦闘シーンの描写がクドくて長すぎるので小説としてはイマイチ。
    まあ、それがこの人の作風なのだけれど。

  • 第3巻へ

  • 七五三兵衛の男っぷりがいいねえ。

  • ワンピースを古風に書いたような戦闘シーン。人は死にまくってますけど。描写がどんどん頭に浮かんできますが、半分以上は戦闘シーンです。

  • いいぞ、泉州侍!

  • 330

  •  戦シーンの、この息をのむような迫力とスピード感が、和田竜さんの真骨頂。引き込まれるようにぐいぐいと読み進めています。文章を追っているだけで、まるで映画を見ているかのような錯覚に陥ります。七五三兵衛と義清の男ぶりも、源爺の奮闘も、直政の最期も、終盤に登場する信長の存在感も、誰もかれも格好良すぎて、景ではないですが、どちらの陣も応援したくなる……!

  • 2017.5.25 読了

  • 冗長、くどい。話が進展しない。

  • 登場人物たちのキャラクターが徐々に深く見え始め、物語も大きな盛り上がりを見せていく様子がありありと見える巻。

全141件中 41 - 50件を表示

村上海賊の娘(二) (新潮文庫)のその他の作品

和田竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする