世間知らずの高枕 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.20
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 47
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101350141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個々の文章は面白いのに、これだけ集めると残念ながらおなかいっぱい感の方が先にたつ。
    1週間に一度、ちょっとだけ読む文章なのかもしれない。それをもともとは2冊の文庫本を1冊にまとめたものだから、そのやり方がよくない。

  • これも同じく夏彦さん。
    やっぱり、すんなり同感できなかったり、少しかたいな、と思うのは時間の隔たりなんだろうか。
    古い作家さんでも現代小説のように読めたりすることもあるのに。でも彼の場合は、時代に密着して書いてるからね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

山本夏彦
大正4年東京生まれ。コラムニスト、作家。「室内」編集・発行人。昭和22年『中央公論』に発表した「年を経た鰐の話」が坂口安吾らの目にとまり、注目を浴びる。その後、出版社勤務を経て昭和33年、月刊インテリア専門誌『木工界』(36年に『室内』と改題)を創刊し、以来編集に携わった。『週刊新潮』『文藝春秋』などにコラムを連載、一貫して、世相をするどく諷刺する辛口コラムを得意とした。昭和59年第32回菊池寛章を受章。
著書に『日常茶飯事』『編集兼発行人』『死ぬの大好き』『完本文語文』『「室内」40年』『私の岩波物語』などがある。平成14年に10月に死去した。

「2022年 『無想庵物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本夏彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×