草祭 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.82
  • (70)
  • (126)
  • (95)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 860
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101351315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビブリオバトルで紹介されました。

  • パパ友のお勧め本。この人の描く物語はありそうでなさそう、なさそうでありそうな世界観。ホラーというよりファンンタジーなのだが、どことなく怖い。本編に登場する人物もそうなのだが、次元の裂け目とかアンダーワールドに迷い込んでしまう人は何かしら問題を抱えた人なんだろう。自分も該当するかもと思うと余計にひんやりする。

  • 不思議な短編集。思ったよりファンタジー色が強く、あまり好きなテイストではなく、途中から読むのがしんどくなってしまいました。

  • 〈美奥〉ってほんまにあるんちゃうの?地元の公園のあっこを抜ければ、行けるんちゃうの?って思ってしまうよね。あって欲しい気持ちもあるよね。ないけどね。

    うん、恒川光太郎はやっぱいいね。

  • 沖縄の架空の地「美奥」を舞台にした世にも不思議物語。
    ほんわか妖怪は友人帳のようでもあるが。
    遠野物語よろしく美奥物語といったところか。
    5つのストーリーが時系列はバラバラで織りなすストーリーだけど、いじめ・殺人・心中といった重々しい人間トラブルが妖怪を通して描かれる不思議な感じ。

    あとがきのレビューをしていた人のコメントが腑に落ちた。
    「生きる上で恐怖のあまり混乱し下手にもがくよりも、底に手をついて浮き上がればいい」
    うん。いい言葉だ。

  • 恒川さんの世界観がやはり素敵だなと思わされる一冊。

    美奥にまつわるあれこれ・・・という話。
    もう少し話と話の繋がりがあるとよかったと思った。

  • 相変わらずいい(’-’*)
    面白かった。

  • 「美奥」という名の町を舞台にした短編集。

    日常のすぐそばに不思議、怪異がある。
    人の醜く、残酷な部分がどの短編集にも描かれていて、なのに美しかったり、からりと読めたりする。

  • けものはら○
    屋根猩猩◎
    くさのゆめがたり
    天化の宿
    朝の朧町

  • 2014年6年12日

全111件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

草祭 (新潮文庫)のその他の作品

草祭 単行本 草祭 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする