草祭 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.82
  • (70)
  • (126)
  • (95)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 860
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101351315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1年以上の積読期間を経て読了。ホラーじゃないのに薄ら怖く感じる本。

  • 私たちの隣にある"この世ならぬ世界"を描く。梨木香歩の『家守綺譚』のような、といえば伝わるだろうか。
    決してパラダイスではなく、この世と同じように光も闇もあるけど、アジールとして再生のきっかけを与えてくれるような世界。
    損得や正不正、快不快だけで生きていると見過ごしたり無視したり気がつかない世界。
    私はそういう世界について書かれた物語りが好きで、本書もなかなか楽しみながら読んだ。著者の恒川光太郎は初めて読んだけど、巧み、という印象。
    ただし、行儀良く羽目を外している、叱られない範囲でふざけている、定型の身振りで乱れている、という枠を感じてしまう。
    なぜでしょうね。

  • あんまり…

  • 美奥という不思議な土地、村、地域にからむ短編。時代もそれぞれ違っていて、面白い。
    「屋根猩猩」が特に面白かった。
    ますます恒川ワールドに傾倒する。

  • 読み終わった直後よりも、読んで暫く経った後からこの不思議な世界の心地よさがじんわりと染み入ってくる、そんな作品でした。
    「夜市」ほどのインパクトがなかったので、最初は物足りなく感じたのですがこれはこれで良かったです。
    「屋根猩猩」が一番好みでした。

  • 面白い。
    完全に、独自の世界観が書かれている。ディティールが細かくて素敵。

  • 好みのタイプの小説ではないけれども、充分楽しめた。

    この世界にとっても近い異次元の世界の話、とでも言おうか。手を伸ばしたらひょっとしたら自分もこういう体験ができるのでは?と思わせてくれる所が良い。そして、「美奥」という地名を通じて全ての独立した短編が繋がっているのも良い構成だと思った。どの話も時空を超えた繋がり方であったので、作者はうまいなー、と。

    リアリティのある小説を好む私だが、実は作家の力量ってこういう空想の世界を、いかに読者に現実にありそうな世界として思わせられるか、で図れるのでは?と思ったりした。空想力があってなおかつそれを面白い構成にして表現できる作者って、すごいと思う。その点で評価を高めに設定。

  • 続けて恒川光太郎を手に取った。
    幻想的な世界が続く。

    現実の世界と異端の世界が用水路で繋がっている。
    現実の世界だと思い込んでいるだけで、そこが異端な世界かも。

    甘美に揺さぶれられる連作集。

  • 相変わらず素敵な空気。

    一番好きなのは天化かなぁ。何でかわからんけど、女の子の独り語りとしては一番違和感ないから?
    男の子視点の一人称的文章が一番得意なんじゃないかな。

  • ノスタルジックなホラーという新しい感覚。
    美奥という町に絡まる短編集。
    それぞれ微妙につながっています。
    鬱々としていてたまに置いてけぼりにされてしまう感があり、
    もやもやした終わり方が好きではないからちょっともやもや。

    ただ最後は前を向いている感じで読後感はよいです。

全111件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

草祭 (新潮文庫)のその他の作品

草祭 単行本 草祭 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする