列車内での悲鳴はお静かに―オリエント急行6泊7日死体つき (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101355023

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あこがれのオリエント急行でベニスからパリへ、新米添乗員・萱庭智佐子の胸ははずむ。だが、客のひとりである佐和鱒子が東京で殺され、ツアー客の中にその殺人犯がいるらしいとなっては嬉しがってもいられない。列車内で次々と起こる怪事件の意味するものは?新宿ゴールデン街とパリのホテルを結ぶ電話のなかで、次第に明らかになる鱒子の死の秘密とは?

    新潮文庫 (1985.03)

全2件中 1 - 2件を表示

辻真先の作品

列車内での悲鳴はお静かに―オリエント急行6泊7日死体つき (新潮文庫)はこんな本です

列車内での悲鳴はお静かに―オリエント急行6泊7日死体つき (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする