たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.56
  • (8)
  • (37)
  • (37)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 213
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101355832

作品紹介・あらすじ

流行歌を血で書きなぐり、情夫と共に無理心中を遂げた双子の姉。残された姪を預けるため、帝都東京より青森弘前を訪れた幸代は、市松人形のように長い髪を垂らす美しいイタコ、千歳と出会う。姉の死の真相を探ろうと、幸代は降霊を頼むが…。超常現象を論理的に推理する千歳と、幽霊の声を聞いてしまう幸代のコンビが、猟奇的な事件に挑む傑作オカルティック・ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2019/8/10~8/13

    流行歌を血で書きなぐり、情夫と共に無理心中を遂げた双子の姉。残された姪を預けるため、帝都東京より青森弘前を訪れた幸代は、市松人形のように長い髪を垂らす美しいイタコ、千歳と出会う。姉の死の真相を探ろうと、幸代は降霊を頼むが…。超常現象を論理的に推理する千歳と、幽霊の声を聞いてしまう幸代のコンビが、猟奇的な事件に挑む傑作オカルティック・ミステリ。

  • 面白かった。
    今よりも、地方と東京が距離的にも流れている時間的にも遠かった時代。
    凍てつく厳しい印象の物語だった。

  • 東京の闇を引きずり、弘前にやって来た幸代。そこにはイタコを生業とする千歳がいて…
    ふっと人の心の怖さにゾクッとする一冊。

  • 少しどろどろとしたものを感じる、でもそれだからこそ良い、と思える。

  • 時は昭和初期。
    双子の姉の忘れ形見の少女を連れ
    少女の父が住む弘前へと向かった幸子は
    美しい盲目のイタコ、千歳と知り合う

    イタコの千歳と、死者の声を聞き、姿を見てしまう幸子が
    陰鬱な事件に挑む

    「イタコ千歳のあやかし事件簿」と副題にあるけれど
    実際は、幸子のほうが主人公?
    せっかくの美少女イタコの設定をもっと生かせたんじゃないかと残念

    津軽弁の雰囲気はとてもいいかも

  • まぁ~面白かったかなぁ~
    っていう感じでした。

    よくTVでみるような
    イタコさんが頼まれた人を
    おろすようなイメージを持って
    読み勧めたのですが
    どうやら違っているようでした。

    幸代のほうがなんか
    イタコに向いているんじゃないかなぁ~
    とちょっと思ったりしましたね

  • そこそこ。
    ほのかなホラーの香りが始終漂う一冊で、少し肌寒い夜中に読んでいると、ぶるっと身を震わせたくなった。
    話の内容はなんてことない、と言えるものなのに、纏っている雰囲気が、不思議な感覚にさせる。
    150509

  • 母の実家は秋田にある。津軽には少し遠いが、同じ陸奥。あの空気を思い出した一冊。

  • イタコの千歳と幽霊の声を聞いてしまう幸代のコンビが怪しげな事件を解決する話。この小説はオカルティック・ミステリというジャンルらしい。名前の通り怪奇小説と推理小説の二つの要素がある小説だ。ただ推理小説の要素はかなり薄い。なので謎解きを楽しみたいという人には向いていない。

    昭和の青森、かつ霊が登場するため読む前はずーんと薄暗いイメージだったが、堀川さんの才能によるものなのか、実際に読むとそういった印象はなかった。文章も堅苦しくなく、するするとライトに読める。

    千歳がもっとイタコらしく活躍する場面が見たかったがそこは続編で読めると期待。

  • 「イタコ千歳の事件帖」と銘打っているが、幸代の方が目立っていた。それと千歳がイタコという設定があまり活きてない気がする。起こる事件は陰鬱で凄惨なものばかりで、解決してもすっきり感が味わえなかった。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀川 アサコ(ほりかわ あさこ)
1964年生まれ、青森県出身の小説家。
2002年、『芳一――鎮西呪方絵巻』が第15回小説すばる新人賞の最終候補。2006年、『闇鏡』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。
文庫化されている『幻想郵便局』が書店員たちの後押しもあって大ヒットし、「幻想」シリーズとして人気を誇る代表作となった。

たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)のその他の作品

堀川アサコの作品

たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする