なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)

  • 新潮社
3.27
  • (15)
  • (41)
  • (88)
  • (13)
  • (7)
本棚登録 : 398
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沖縄の文化、歴史、自然、その他のすべてを、かくも肯定的に評価いただくと、沖縄人としては体の中心あたりがこそばゆいが 悪い気はしない。どんどん沖縄にお越しください

  • 写真が綺麗で微笑ましく、素敵です。
    沖縄の方らしいレビュアーさんが
    「本土の人が抱く幻想の沖縄が書かれているだけ」とコメントされているのを見かけたので、
    その辺り私は沖縄も奄美も行ったことがないので判断がつきかねますが
    なんとなく似た印象は受けてしまいました。

    エッセイというより日記なので、深いことが書かれていたり
    これを読めば沖縄について詳しくなれるというより
    本土の人であるばななさんの感想が羅列してある感じです。

    ばなさんの作品というよりばななさんが好きという
    どちらかと言えばコアなファン向けの作品かもしれません。



    自然の中では激しい事はいくらでも怒るが狂った事は起こらないというのは
    言い得て妙だなと思いました。
    確かに自然災害で酷いことはいくらでも起こるけれど、
    そこに悪意はなくただ在るだけです。

    "歴史の中で翻弄された文化はとても強く残る。"
    というのも、反骨精神というか負けてはいけない、残さなくては
    と思うからこそ強く残るというケースはあるなと思いました。

    食も文化なので、その場所でいちばんおいしく感じられるようにできている。
    東京にはどんな国の料理もあるけど地元で食べた方が絶対おいしいというのも
    そうかもしれないなと思いました。
    旅先で食べる料理には思い出や特別感という付加価値がありますし。

    茶道や着物について、本物の世界ははるか上のほうにありその前に金光で趣味が悪く毒々しい上下関係とこねと妬みがあるドロドロを潜り抜けなくてはならないこともある、というのに共感しました。
    現代の装道や呉服店の一部が自由に着る物着るだけの自由を奪っているのも同じかなと。

    私は多分日本が大好きだったと思う過去形になってしまうことが本当に悲しい というのは私も本当にそうで
    私は日本が大好きだと今でも現在形でいえますが
    本当に愛した日本はどんどん薄まっていて、歴史を学べば学ぶほど
    私の愛する日本という国は幕末までで失われたのかなと思います。

    もちろんばななさんが「まともな人もたくさんいる」と書かれているとおり
    全くなくなってしまったのではないからこそ生きていけるのですが
    東京に住んでいて嫌気が差した人が旅先に癒やしを求めるのは
    ありがちでしょう。

    それを幻想だ、中身がない、と感じる方には
    おすすめできない内容かなと思いました。

  • 2016/01/30【古】108円

    1999年から2003年に沖縄に行った旅行記
    今みると情報が古い
    この頃から斎場御嶽が知られてる場所だと思わなかった

  • 東京で感じる息苦しさ。沖縄に行くと戻るように感じるアンテナ。沖縄が素晴らしく正しいほどに東京が悲しく寂しくなるなあ‥‥東京人だから、沖縄人にはなれない私はそう思ってしまう。

    波照間は歴史がとても辛いものなので(沖縄だったらどこもそうなんだけど)今、捨ててもいいくらい農作物が採れてる描写はとても印象的だった。島の人々の努力の賜物なのだ。ただ大阪から移り住み飯屋を始めた方の沈黙が気になった。まあ排他的なのはどこもなんでしょうけど。

    しっかしこの人妊婦なのに温泉入るわ生魚食うわ酒飲むわすごいなー笑

  • 酔っ払って人の家で勝手に寝ちゃうシーン、たまらなく好きです!

  • また沖縄行く前にチェックしようっと

  • ばななさんの沖縄日記。ほんとに日記。後半特に。一度も行ったことないけど最近理由もなく無性に行きたくなっている。あっつい砂浜で肉焼いてみんなで食べてるシーンがとても好き

  • よしもとばななの沖縄紀行。宮沢賢治の描く北の自然はリンとして美しいが、それは時として厳しく人間と対立したりもする。一方、ここに描かれるような南の自然は人間をすっぽりとその懐に抱きかかえる。沖縄の光と温度と、独特のけだるさを伝える感性あふれた紀行だ。

  • 沖縄の離島好きに特にオススメ!
    よしもとばななさんの沖縄の旅日記ってきなもの。どこで読んでてもその風景が感じられる文章で最高!特行ったことある島についてはテンション上がります!
    沖縄行きの飛行機の中で読むのが最高!

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする