はじめてのことがいっぱい―yoshimotobanana.com2008 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.67
  • (12)
  • (17)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 183
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (491ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在の私の心に響く言葉がたくさん載っていて、ドキリとしながら読んだ。一見変わった作者だけど、人間に対する、特に家族・友人に対する目はまとも。愛されつつ乗り越えた強みだと思う。

  • 『ありがとう、チビラくん。君がいるだけで、生きていける。』

    よしもとばなな日記シリーズ
    なーんかわからないけどとっても好き。たっぷりゆったりと何度でも読みたい本。

    それにしてもチビラくんの名言やばい
    ・雪だるまをつくるとき『つめた~い、ママ作って、がんばれママ、すてき~!』
    ・幼稚園にいきたくなくて『ママ大好き、どうしてそんなにかわいいんですか?さあ、今日は幼稚園がしまるまで一緒に寝ましょう』
    ・タクシーに変なところで降ろされあるくはめになったとき『だいじょうぶ、いっぱい歩いても、いっしょだから。ふたりきりなんてゆめのようです。』
    ・早く寝なきゃなとき『大人になったら、ほんとうに朝まで起きていていいの?そんなすてきなことってあるんだ!』

    などなど…
    ナンパ術も凄かった。
    お母さんが特殊な職業であるがゆえの寂しさから
    妙に大人びてしまった感もあるけど
    それでも彼は優しくすてきに育つだろう。

    なんせ当時まだ五歳…!末恐ろしい

  • 子供らはおおらかに育てよう
    と言っている人がよその子供が騒いでいたからと言って
    ヒステリックに注意するというのは、非常に読んでいて
    さもしい気持ちになった。

    対して、ペンキを子供に塗らせてくれるエピソードは
    とてもほっとするものだったし、
    その板をあげたら看板にしてくれたり
    箱を使うと言ってくれたりする近所の人達がとても素敵。

    みずうみの表紙はとても好きだったので
    あれを批判する人がいるのだなぁと驚き。
    節穴なのだなぁ。
    不満でいっぱいな人同士不毛な世界を生きていくのだろう。本当に。

    だらだらとリラックスは違う
    というのは激しく同意。ついだらだらしがちだが、それは結局
    疲れを取るよりもだらけて余計疲れてしまうだけなことが殆どだ。

    客に甘えないというプロとしての姿勢はとても良いし
    当然のことだとは思う。
    ただ、「もう一回やっていい?悔しいから」というのは、
    そんなに駄目なこと?かな?
    まぁ考え方だろうけれど。勿論一発勝負で最高の演奏をすることが望ましいが
    悔しい、やり直したいというのもなしではないような。

    こうもりがさがあれば大丈夫、飛び道具には負けるけど
    というエピソードも愉快というか、頼もしかった。

  • 再読。

  •  取材旅行のためか、ハワイでさえ恐ろしく多忙な旅行にびっくりした。
    このシリーズはこうやって本でまとめて読むのが楽しい。
    チビラくんが息子のちょっと未来でいろいろ勉強になり、考えさせられる。
    そして、読み終わるとしばらくパワーをもらった気分になる。その後味がすき。

    このところ、日記を書き残すということに迷いがあった。嫌な記憶を読み直すのも憂鬱だし。
    もっと掘り下げなくては記録の意味がないのかも。なんでそんな嫌な思いになつたのか、何が嫌だと感じたのか。
    ばななさんは率直に丁寧に気持ちを記録しているので、是非まねっこしてみよう。

  • 自分の個人的探索で目的をうしなったとき、ばななさんの日記をまとめて読むと何かが見つかる。この日記集で見つけた本、見つけた人、おもしろいとおもったことが今回もたくさんあった。

    雑誌みたいな感覚で読める不思議な本。
    ブログもたまに見るけど、私はやっぱり本が好き。
    それに、まとめて読めることに、なんだか不思議な効果が生まれている気がする。

  • ブログで毎日読むよりも、文庫で一気に読む派です。
    チビちゃんカワユス。山西さんのイラストもカワユスです。

  • 日記のはずなのに、多々とても深いところがあり、とっても染み入ります。物書きの人って、どんな心で、どんな目で世界や物事を見ているんだろう。その世界観の一端を味あわせていただく。

  • web版も読んでいますが、こうして手元にあってふと手にとると励まされることがたくさんあります。

  • この日記シリーズ、何気に全部読んでいます。心が落ち着くんだよね。毎日書いているからトゥルーマンショー的な面白さもあり。
    ネットで見るより断然本の方が面白い不思議。

全17件中 1 - 10件を表示

よしもとばななの作品

はじめてのことがいっぱい―yoshimotobanana.com2008 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする