もりだくさんすぎ―yoshimotobanana.com 2010 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.86
  • (19)
  • (15)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 184
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359380

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毎度おなじみばなりんです。
    ちょっと気が落ちていたが、読み終わった頃にはすっかり元気になっていたという。
    そういう力があるのです。

  • 震災直前の頃のよしもとばばなな日記。
    生きて行く、という気持ち
    何があっても前に進むのだ、と感じた
    心と向き合うことは閉じることではないんだよなあ
    閉じがちだけれども
    開きながら内側を見つめて次世代を見つめる
    そうやって生きていつか死ぬ

  • 作家の日記は、好きな作家さんが身近に思えて親近感がわいてくる。

  • 作家、よしもとばななの2010年の日記
    やっぱり、毎日の出来事の中から、どこを?何を?取り上げるかが、一般人の日記との違いなんでしょうね~
    2014年現在で読んでみると、この頃は、まだ、ご両親も弱りながらも健在で、チビちゃんは、日々成長していて、自分の健康のアップダウンもあり、混乱の海の中を精一杯泳いでいる感じが、びしびし伝わってくる…よしもとばなな、小説がどうのと言う前に、人間的に深くて、正義感が強く、善良なところに、まいりました<(_ _)>

  • よしもとばななさんの日記。

    早く全部集めたいな。

  • 再読中です♪ 烈しさは穏やかに変わるだろうか。変わりたい、その途中。

  • このシリーズについて内輪ネタすぎるとか天狗すぎるとか批判があることも知っているし、私もそう思うけれど、このシリーズを読むとすごく反省するんですよ、私は。アウトドアではないのにものすごくアクティヴで。子育てして、家事して、取材に行って、本を読んで、映画見て、打合せして、介護して、何より執筆しているんですよね。ダラダラしていちゃだめだなと。よしもとばななの本は大体全部読んでいるので、「あの本はこういう状態の中で書かれたんだなー」と思うのも楽しい。

  • ばななさんの日記は、(本人は体の調子もよくなかったかもしれないけど) ガンガン食べて ガンガン仕事して ガンガン移動して… 一般人の何倍も早く大きく動いている気がしました。 メリハリの幅がでかいといいますか…
    あんなに物事の核心ばかりわかる人だから、作家さんなんだろうなぁ〜
    小説も エッセイも面白い作家さんです。

  • ~year2012、+16

  • 「本気で英語だけができるようになりたいのなら、もっと独学で学ぶだろうから、むしろ習っていることを楽しんでいるのだろう。違う文化触れる幸せを感じる。」英会話を教え方の上手な先生に習っている、ある日の日記。こういう教え方ができればいいなぁ。

全19件中 1 - 10件を表示

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
吉本 ばなな
村上 春樹
よしもと ばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
吉本 ばなな
村上 春樹
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

もりだくさんすぎ―yoshimotobanana.com 2010 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする