オキーフの恋人 オズワルドの追憶〈下〉 (新潮文庫)

著者 : 辻仁成
  • 新潮社 (2006年11月発売)
3.40
  • (7)
  • (6)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101361314

オキーフの恋人 オズワルドの追憶〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.7.26読了。

  • ◆あらすじ◆
    女子高校生を狙う連続猟奇殺人は無残にも成就し、なすすべのない私立探偵・夢窓賢治を窮地に追い込む……作者不在で進行する小説のプロットと同一の事件が現実に起こったとき、下北沢の町は恐怖と混乱のそこに沈んだ。
    オキーフとオズワルド、ふたつの物語を貫いて巨大な死の欲動が生起し、歴史が秘めた驚愕の事実が立ち現れる。
    人間の記憶の哀しみを通して、現実社会の悪夢を極めた傑作巨篇!

  • 下北沢べったりの小説。下北沢の土地勘があったほうがおもしろく読める。
    作中小説と本編とがごちゃごちゃと入り乱れてくるので、筋をつかまえるのが難しい。もう一度読み直せばもう少し理解できるかも?

  • 上巻で辻さんっぽくないとかいたけど、こっちは辻さん辻さんしてるからおもわずわらってしまいました。

    大好きなんですけどね笑
    主人公の迷走っぷりに読みいります

  • 後半になって次第にふたつの話のいきつく一つの結末への展開。
    オキーフもオズワルドも小林も夢窓も気になる人々

  • 辻仁成のイメージ一蹴。
    ・・私の偏見を、だけども。

全7件中 1 - 7件を表示

オキーフの恋人 オズワルドの追憶〈下〉 (新潮文庫)のその他の作品

辻仁成の作品

オキーフの恋人 オズワルドの追憶〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする