Story Seller (新潮文庫)

制作 : 新潮社ストーリーセラー編集部 
  • 新潮社
3.81
  • (537)
  • (1074)
  • (795)
  • (89)
  • (17)
本棚登録 : 6346
レビュー : 926
  • Amazon.co.jp ・本 (674ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101366715

作品紹介・あらすじ

これぞ「物語」のドリームチーム。日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。まさに永久保存版アンソロジー。どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「首折り男の周辺」
    同一人物とばかり。大人設定の方が共感できたかも。中島翔への希望
    「ストーリー・セラー」
    「車輪の下」?
    「光の箱」
    ご都合主義のハッピーエンドな感じ。

  • 流石にレベルが高い。企画物の一発目だから気合いが入ったのだろう。「プロトンの中の孤独」と「ストーリー・セラー」と「光の箱」が好きかな

  • ずい分前に 勧められた本がシリーズで本棚にある。(たぶん貰ったんだと思う)
    人気作家 勢揃い らしい。
     
    人気作家及び人気作家候補による短編集。

    伊坂幸太郎「首折り男の周辺」
    近藤史恵「プロトンの中の孤独」
    有川浩「ストーリー・セラー」
    米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」
    佐藤友哉「333のテッペン」
    道尾秀介「光の箱」
    本多孝好「ここじゃない場所」


    内容 :
    これぞ「物語」のドリームチーム。
    日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。
    まさに永久保存版アンソロジー。
    どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。
    お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。
    著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。

    著者 :


     読み始める。 読み終わる。

  •  長いこと放ったらかしにしていた本だがこの年末年始で一気に読了。
     有川浩「ストーリーセラー」、ライトで語調が良い。ベタベタ感満載でありながらさらっとした文体がぼくには新鮮。
     米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」、ミステリアスな語り口が良いんだが、結末はどこかで見たことがあるような。

  • 小説

  • 読み応えは長編並,読みやすさは短編並のふれこみ.現代作家7人の中編が収録.個人的には伊坂幸太郎,近藤史恵,有川浩の作品が良かった.

  • 19:00

  • 佐藤友哉『333のテッペン』
    つまらないけど、どこかで急に面白くなるかもしれない、と我慢して読んだら、初めから一貫した面白くない状態で終わった。
    作者がもっと昔の人ではなく、1980年生まれという衝撃。
    道尾秀介『光の箱』
    もやもやしながら読み進めたけど、最後にスッキリ。
    幸せな気分になれた。
    ーーー
    これぞ「物語」のドリームチーム。に火音のエンターテイメント会を代表する7人が、読み切り小説で共演!
    短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。まさに永久保存版アンソロジー。どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。

  • 短編もいい

全926件中 1 - 10件を表示

Story Seller (新潮文庫)に関連する談話室の質問

Story Seller (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする