Story Seller〈2〉 (新潮文庫)

制作 : 新潮社ストーリーセラー編集部 
  • 新潮社
3.57
  • (164)
  • (527)
  • (557)
  • (72)
  • (10)
本棚登録 : 3694
レビュー : 474
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101366722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直、第一弾を読んだときのような鮮烈な印象はありませんでしたが、一冊でこれだけバラエティーに富んだ物語を読めるとは、非常に得した気分になりました。

  • 面白かった!ストーリーセラーの1で読めたやつの続きとかあって、おっ!ってなった。

    マリーとメアリーは意味不明だったけど、日曜日のヤドカリは好きだった。

  • -------------------------------------------
    「マリーとメアリー」沢木耕太郎
    「合コンの話」伊坂幸太郎
    「レミング」近藤史恵
    「ヒトモドキ」有川浩
    「リカーシブル」米澤穂信
    「444のイッペン」佐藤友哉
    「日曜日のヤドカリ」本多孝好
    -------------------------------------------

    面白かったというより、印象に残ったストーリーはイカの2つ。

    ・合コンの話
    結果からすると、合コンでの当たり前の会話や時間の流れがただつらつらと書かれているだけなのだが、書き方の手法が新しく、印象に残った。

    ・ヒトモドキ
    どうにも手に負えない親戚がいるという恐怖は、会社に嫌な人がいるとか、変な人が近所に住んでいるとかとは比べ物にならないものだ。
    完全に縁を切ることができないのだから。

  • 読了。

  • 1の方が、こういう形式の本の新鮮さもあって楽しめた気がする。
    2は、新鮮さは薄らいだもののそれでも楽しめたかな。
    有川浩さんと本多孝好さんの作品は特に良かった。

  • 合コンの話「いろんなことにくよくよしていくしかないです」
    レミング「そんなに偉いつもりなのか?」
    444のイッペン「人間は、許すために笑うのだ」
    日曜日のヤドカリ「何というか、」

    驚いたり、悲しんだり、ほんわかしたり。

  • 沢木耕太郎さん、伊坂幸太郎さん、有川浩さんだけ読みました。

  • 始めの方の話は面白かったけど、尻窄みな気がした。好みだけどね。

  • 暇つぶしになりました。

  • 人気作家によるアンソロジー第二弾。初っ端の沢木耕太郎氏の貫禄に参りました。何気ないお酒の話をしているだけにみえて、そこに吉行淳之介さんとのエピソードが出てきたりする時点でもう降参です。決して旅好きな訳でも無いのですが、久しぶりに深夜特急を読みたくなりました。個人的に一番面白かったのは伊坂さんかな。どんだけ合コンに思い入れがあるのかと思うぐらい様々なシチュエーションを重ねていく技巧の上手さはお見事。近藤さんと本多さんは既読のものでしたが、やっぱり「日曜日のヤドカリ」に登場する弥生さんのキャラは素敵ですね。

全474件中 51 - 60件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする