Story Seller〈2〉 (新潮文庫)

制作 : 新潮社ストーリーセラー編集部 
  • 新潮社
3.57
  • (164)
  • (528)
  • (558)
  • (74)
  • (10)
本棚登録 : 3699
レビュー : 475
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101366722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「レミング」
    「ツール・ド・フランス」以外のグランツールは認知度の低いなか、何人が情景を思い浮かべられるのか。うまくデフォルメしての描写は、そういうのを考慮した結果かと思いますけど。
    「ヒトモドキ」
    引っ越しのクルマに同乗できました?

  • 実力派作家によるアンソロジー。中々読み応えがあります。

    佐藤友哉の『444のイッペン』ですが、これは、同じシリーズのStory Sellerの『333のテッペン』とのシリーズですね?この調子だと、555とか666とか、いろいろとネタは作れそうですが、どうなんでしょう?それと、“オレ”と“探偵”の素性も気になります。

    もう一つ、近藤史恵の作品もシリーズですね。これは、この短編だけではなく、彼女のサクリファイスシリーズの一環ですが。

    次のStory Seller3も気になります。

  • 【ヒトモドキ】
    愛してほしかったのかしら。
    このもしかしてで、物語が終わりに向かうところが良かった。読んでて救われる思いだった。

    【444のイッペン】
    はめられたー。からの、だまされたー。

    【日曜日のヤドカリ】
    こんな娘さんがいたら面白い!
    昼顔の影響受けてしまって、あーあって思いながら読んでたけど、良かった良かった。

  • 「1」を読んではいたけど、かなり前だったので全く覚えてなく。続き物はあまり楽しめなかった。このシリーズのコンセプトを考えると単発で楽しめる話の方がいいのかなーとも思うけど、でもシリーズとしてやっていくなら、続き物もありなんだろうか…。
    好きだったのは2編。
    まずは「ヒトモドキ」かなりぶっ飛んだキャラクターの伯母が、ただただ気味悪かった。しかも自分のすぐ近くにも同じような人がいるのでは、と思ってしまうようなリアルさがあったから余計に。
    続いて「日曜日のヤドカリ」 父と娘の間に流れる空気が心地好かった。2人にだけ分かる距離感というか。話もほどよい伏線でキレイにまとまっていた。
    個人的には米澤さんの話が楽しみだったんだけど、ここで終わってしまったら何とも言えない。続きが読みたい。

  • 今回も前作に引き続き、素晴らしい夢の共演。

    収録作品は、以下の通り。

    沢木耕太郎「マリーとメアリー ポーカー・フェース」
    伊坂耕太郎「合コンの話」
    近藤史恵「レミング」
    有川浩「ヒトモドキ」
    米澤穂信「リカーシブル――リブート」
    佐藤友哉「444のイッペン」
    本多孝好「日曜日のヤドカリ」

    =================

    前作からの続きだったり、登場人物が共通していたり、という物語があったけど、その中でも、近藤史恵の書くロードレースの世界観が爽やかで、もっと読みたくなった。
    そしたら、なんと、オッジ(チーム名)がメインとなる、しかも、Story Sellerでお馴染みの彼が登場している作品があるとか…。
    ということで、早速「サクリファイス」を借りた!

    もちろん、伊坂の素晴らしいプロットが冴え渡る「合コンの話」は、安心して楽しく読めた。本当好き。
    それから、前作でハマった有川浩は、ベタ恋愛じゃない世界観でも面白い!って思えたので、これは収穫。

  • 沢木耕太郎 『マリーとメアリー ポーカー・フェイス』
    伊坂幸太郎 『合コンの話』
    近藤史恵 『レミング』
    有川浩 『ヒトモドキ』
    米澤穂信 『リカーシブル――リブート』
    佐藤友哉 『444のイッペン』
    本多孝好 『日曜日のヤドカリ』

  • Story Seller が秀逸だったので2を読んでみた。
    かなり落ちますが、それでも面白かった。

    好きな順番と評価。

    3○沢木耕太郎
    1○伊坂幸太郎
    2○近藤史恵
    5△有川浩
    4△米澤穂信
    7△佐藤友哉
    6△本多孝好

  • 近藤史恵さんと佐藤友哉さんは読み始めて苦手だとわかり、とばしました{(-_-)}
    本多孝好さんの『日曜日のヤドカリ』はかなり好き。有川浩さんの『ヒトモドキ』も先が気になって夢中で読めました。

  • 伊坂幸太郎の作品が掲載されているので、読んでみましたが、「首折…」に掲載されてるやつだった。
    残念。

  • 【セカンドシングルは売れないのが定説】

    と書いたものの1には劣るがなかなか楽しめた。序盤中盤まではハイクオリティだと思う。最後の物語だけはあまり好みじゃなかったが、このシリーズを買ってお金の無駄になる様な事はないので、安心していい。

ツイートする