龍は眠る (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.60
  • (717)
  • (1164)
  • (2066)
  • (110)
  • (20)
本棚登録 : 9046
レビュー : 745
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369143

作品紹介・あらすじ

嵐の晩だった。雑誌記者の高坂昭吾は、車で東京に向かう道すがら、道端で自転車をパンクさせ、立ち往生していた少年を拾った。何となく不思議なところがあるその少年、稲村慎司は言った。「僕は超常能力者なんだ」。その言葉を証明するかのように、二人が走行中に遭遇した死亡事故の真相を語り始めた。それが全ての始まりだったのだ…宮部みゆきのブロックバスター待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二人の不思議な能力を持つ少年と
    二人の犯罪行為に苦しむ青年と
    主人公に愛された二人の女性のお話。



    読みやすさは勿論なのですが、「能力者ストーリー」と知っていたので
    変に考えながら読むことも無く、素直に楽しめたのでした。

    登場人物の一人一人にちゃんと歴史と感傷があって
    「今までこうだったんだろうな」と言うのが想像できるのです

    とんでもなキャラクターやとんでもな設定。
    好きなのですけどね。はい。

    SFや能力物と言うと、上遠野浩平が真っ先に浮かんだのですが
    そう言うファンタジーではなく、どちらかと言うと
    リプレイものの様に、サイキックな内容なのです。

    主人公は至って一般の(?)雑誌記者。
    その主人公と偶然出会って事件に巻き込まれ、心を通わせていくのがサイキック少年。
    ドラマの『メンタリスト』と言った感じでしょうか

    好きなのですよ。パトリックジェーン。
    ただパトリックジェーンは何て言うか意地悪で……とそれは別の話。

    「そう言うものだから」と念頭に置いておけば、特に疑問も無く二人の少年を思い浮かべることが出来るのです。

    ストーリーはだいたい予想通りに進んでいくのですが
    文頭での予告通り、切ない別れと喪失感は、悲しいながらもそれでも前向きに生きて行くんだろうなって、残った人達の負った傷の深さをしみじみと感じさせてくれるのでした

    タイトルの『龍は眠る』なのですが
    誰の「龍」の事だったのでしょう。
    読み終わった後、やっぱり考えてしまったのです。

    そしてやっぱり所々に見える女性ならではなのか、宮部みゆきならではなのか

    女性についての、はっと息を飲む表現が良いのですよね
    引用はしないのですが
    主人公と元婚約者の会話での事だったり
    主人公と同僚の、秘書に関する会話だったり
    思わず2度3度と読み直してしまうほど。

    こう言う表現や主張は今まで読んだことなかったなーと、宮部みゆきを読んで発見することが多々あったのでした。


    次は連城三紀彦を読むことになりそうなのですが、「蒲生邸~」先に読みたいのです。見つからないのですが。

  •  ある嵐の晩、雑誌記者の高坂は、自転車をパンクさせ立往生してしまっている稲村慎司という少年を拾うことになる。
     慎司を送り届けることにした高坂だが、その途中で子供がマンホールの穴に落ちたと思われる事故に遭遇。そのとき慎司は、その事故の真相を語り始める。慎司は超能力者で、事故の原因となった情景が見えたというのだ。高坂は、慎司の言う通り、犯人の車を探し始めるのだが……

     宮部さんのすごいところは、人物描写や心理描写もそうなのですが、登場人物それぞれが抱えるエピソードの分厚さもあると思います。上で簡単に書いたあらすじも、これはプロローグみたいなもので、短編、あるいは中編でも使えそうなプロットを惜しげもなく長編の中で使い、そしてそれを登場人物の葛藤を伝えるのに機能させ、なおかつ冗長に感じさせない、それが宮部さんの一番すごいところではないでしょうか。現にこの小説でも、最初のプロローグが、慎司の人間性や超能力を持ったが故の苦しみをしっかりと伝えてくるのです。

     そして、話は超能力を持った人物たちの真偽を探る展開に加え、高坂の過去を巻き込み二転三転としていきます。慎司の超能力を嘘だと言い切る青年や、高坂に届く謎の脅迫状、かつての婚約者の登場など、場面場面で謎や引きを配置し、どんどん読まされます。ほんと宮部さんの作品は、初期作からうまいなあ。

     サスペンスとしての引っ張り具合も一流ですが、ラストに至るまでの、ある登場人物の動きや心理も読んでいて泣かされます。サスペンスとしても、特殊な能力を持った人間のドラマとしても一級品の出来です!

    第45回日本推理作家協会賞
    1992年版このミステリーがすごい!4位

  • 宮部作品は結構読んでいるのですが、先日、BS11の読書番組で特集が組まれていて、読むつもりで購入済みだったので本棚から、数十冊の読みたい本の順番を早めて読んでみた。

    予想通りの宮部流の読ませるテクニックは、最高ですね。
    読みだすと長編なのにノンストップで最後まで・・・。本当に疲れます(笑)
     いつも思うのだが、読書中に、犯人が表れているのかいないのか?と思うのです。(本書の性格上明かせない内容ですが)読めないのではなく見えないのです。おそらく見えないように作り込んでいるのでしょうね。
    だから、興味津津と深々と我を忘れて没入してしまいます。そこに宮部作品の特徴があると感じました。

  • やられた~という感じでした。
    もう宮部みゆきさんの本は読まない!と決めていたのに・・・。
    今まで見たことのないタイトルを目にして手にとってまえがきを見たとたん、引き込まれてしまった。
    お話の本文が見たくてたまらなくなり、冒頭から心を掴まれたという感じです。
    最初はそんな感じでぐいぐい話に引き込まれました。
    それがいつもの如くだんだん尻すぼみ。
    そして相変わらずのくどい文章で読み終わったあとは「やられた・・・」という感じでした。

    雑誌記者の主人公は台風の中、自転車がパンクして困っている少年を助ける。
    彼を車に乗せて走っていると、何かにぶつかった衝撃が。
    車を降りてみると、そこには蓋の開いたマンホール。
    そして側には子供用の傘が!
    少年はそのマンホールの蓋を開けたのは誰なのか、まるで実際見たように話し始める。
    さらに、主人公の触れられたくない過去までも言い当てる。
    彼は言う。
    「自分は超能力者なのだ」と。
    その後、彼の友人だという少年が現れ、全ては彼の作り話だと言うのだが・・・。

    このあたりまではすごく引き込まれました。
    中盤から後半にかけて、あれだけ引きつけておいてこれか・・・という感じ。
    あまりに期待をもたせすぎる語り口だと思います。
    これは実話で、まるでこの少年たちを作者自身が知ってるんじゃないか?
    と思わせるようなまえがきにも惹かれたし・・・。

    トリックというかタネ明かしって分かってしまうと「な~んだ」という感じなんですよね。
    でも私自身はそれと別に、超能力とか不思議な力ってあると思ってます。
    この世界にそんなのが無いなんて面白くないからそう思っておきたいです。

  • SFなんだ…と思い読んでいく。
    中学生主役だと思って読むとそうじゃない。SF感が思いっきり全面に出てこず、私達にも通ずるヒューマンドラマを先行しながらSF要素を入れて、グイグイと引き込まれていく。

    私達にも言えるけど、人を信用するって中々難しいと思える。他にも相手の事がその時、相手は何を考え、感じていると不安になる事って多々ある…そんなとき相手の心が読めたら苦労しない…と考えるはずだし、何考えてるかわからん!と怒りさせ覚える事もあるが…

    この本を、わからないからこそ良いんだと思えた。もし、相手の考えがわかったら逆に苦しみだけが残るかもしれない。

    そして、私達の自分自身の能力ってわかってそうでわかってないのかな?それをどう上手く利用していくか考えるだけで自分の価値が変わるかと考えた。

    沢山本を、読みましたが中々ヒューマンドラマで良い作品だと私は思いました。
    流石、宮部さん!

  • 久しぶりに宮部みゆきを読了、改めてストーリーテラーだと実感した。
    2人の超能力少年が事件を解決していく、というあらすじだけを見るとSF的な要素がミステリー要素を上回ってしまい、どっちつかずになってしまうのでは?さてどうなるのだろうと読み始めたが、そんな思いも吹き飛んでしまった。
    とある事件から様々な事件に発展していくのだが、特殊な能力を持つ彼らの切なさ、そして中盤から登場する話す事が出来ない障がいを持つ女性のまた違った切なさなど、究極のヒューマンドラマが底辺に流れ続けている独特なミステリーだ。

  • サイキック能力者はよくある最強設定ではなく、テレパシーで僅かな言葉を伝えるだけでも相当な疲労感が残るというリアリティ溢れる設定となっている。このあたりはスティーブン・キングのファイアスターターに近いものを感じた。どちらかというとミステリー要素のほうが強い感じで楽しめた。

  • だいぶ前に読んだ本で記憶がさだかではないのだが、超能力者の話。ミステリーはトリックや動機が?の場合が多いので、どうせならこの小説のように超能でスッキリしたほうが気持ちがいい。宮部作品で一番好きかも。

  • 面白かった。

  • この人の作品は、なかなか読ませる。

全745件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

龍は眠る (新潮文庫)のその他の作品

龍は眠る 単行本 龍は眠る 宮部みゆき

宮部みゆきの作品

龍は眠る (新潮文庫)に関連する談話室の質問

龍は眠る (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする