火車 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.79
  • (2756)
  • (3024)
  • (3866)
  • (360)
  • (81)
本棚登録 : 23258
レビュー : 2342
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369181

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近は正当派ミステリーが自分の中できています。
    評判良さそうなのをひっそりと買ってきて、通勤で読み進めていく毎日。

    勤務中の怪我が原因で休職中の刑事である本間は、ある日遠縁の男性に彼の恋人関根彰子の捜索を頼まれる。
    関根彰子は自分の過去を隠匿し続け、彼にそれが知れたことをきっかけに消息が分からなくなったという。
    彼女の足取りを追ううち、彼女をとりまく壮絶な事態が徐々に明らかになっていく。
    彼女の人生に隠された謎とは?そして彼女の正体は?
    穏やかな余韻が話を締めくくる。

    文調に緊張感のある、しかしながらどこか庶民的で親しみやすい雰囲気の本でした。
    人間の内に秘めた寂寥と表現するのが一番近い、微妙なニュアンスの心情描写が散りばめられており、小説としてのクオリティの高さが窺えます。
    また、メインテーマとして扱われているカード社会の暗闇についても隙のない書き方がなされており、20世紀末という小説の背景を考えれば非常に斬新な作品だったのではないかと思います。
    奇を衒うような突飛な作品ではありませんが、後世に名を残す名作としては納得の一冊でした。

  • 僕はクレジットカードを4、5枚持っていますが、結局よく使うのはそのうちの2枚で、残りは何かのついでに作ったもので使っていません。

    ネットで買い物をしたり、ETCを使ったりする上でクレジットカードは便利なものですが、簡単に割賦でショッピングができたり、キャッシングができたりする機能には、金銭感覚が崩壊しそうな気がして少し不安を感じたりします。

    本書は、クレジットカードが日本で広く浸透した1980年代を舞台に、無計画なクレジットや住宅ローンなどによる自己破産と戸籍の乗っ取りを描いたものです。

    丁寧な心理描写により、一つ一つの引っかかりが少しづつほぐされていく感覚を持ちながら読み進めました。

  • クレディットの恐ろしさを知る。
    キャッシュカードとクレディット
    の区切りもついてないところに
    おもしろさがあるが、
    なぜ借金をつくるのか。

    そして利子とはなぜ増えていくのか
    ということについて真剣に考える必要がある。

    車ローン、教育ローン、住宅ローンなど

    文章が直裁でよい。

  • 単行本で読んだ本作を、20年ぶりに文庫本で再読。改めて、宮部みゆきの手腕に舌を巻く。「幻の女」を追いかける刑事、彼と子の会話、そして彼を助ける周りの人々、そして犯罪への断罪だけでなく、犯罪を犯さざるを得なかったヒロインへの共感のまなざし。カード社会という時代を捉えた着眼の鋭さ、推理小説にして、経済小説、山本周五郎賞も納得できる傑作。

  • カードローンなどの多重債務者の闇の部分を中心に描かれたミステリー小説。
    哀しくて色々考えさせられる小説でした。
    しかし、間違いなく本書は名作です。

    本書を読んで、やっぱり小説を書くことはホントにすごいなと思いました。
    この小さな本にものすごい世界が凝縮している。
    この世界を創りあげる構想力、筆力など、筆者の力量は尊敬レベルです。

    これから就職する人などには読んでほしいなと思います。
    というか、カードを使用する人全員に読んでほしいです。

  • 「不幸へのスパイラル」に陥るというが、2人の女性を通して、それをまざまざと感じることが出来た。

    彼女たちは「幸せになりたかっただけだった」。
    彼女たちが乗った車に、ほんの小さな火がついた。
    その火は、「業」という薪を燃やし、どんどんと大きくなる。車を焼き尽くすほどに。
    彼女たちにはいくつかの選択肢がある。
    業を断ち切るか、火を消すか、車から降りるか、助けを求めるか、燃え尽きるのを待つか、雨の降る線路に移るか。
    必死に戦った。
    だが、転轍機は悲しくも、さらに業火に包まれた地獄へと向かう。

    本間は、彼女たちがが通った線路をトレースしていく。
    そこで出会った薪の跡、転轍機は必死に戦った跡だった。

    カード社会に限らず、このような地獄に続く線路はいくらでも存在する。
    宮部さんは、その社会の病巣を精緻に表せる作家だと思った。

  • 何度読んでも、読みごたえがある。
    またいつか読み返したくなる大切な一冊です。

  • すごく面白かった!長編だけど展開が早くて一日で読んでしまいました。
    何気ない出来事からじわじわと事件の核心に近づいていって、さあここから!というところで終わる。
    「あれで終わるの?」と拍子抜けするくらいですが、またそこが魅力的です。
    消費者金融についても分かりやすく説明してあったりして、その恐さも知ることができました。
    あと、みっちゃんが可愛いです。

  • ここで終わるか!
    そんな事を思いながらの読了。

    私たちは彼女に最後まで会わせてもらえない、
    それなのに彼女の人生を知ることになる。

    この物語は登場人物の対比がうまく使われています。
    だからこそ彼女に会わずとも「彼女」の姿が浮き彫りになり、
    また「本間」の姿も強調されているのかと思われます。


    「カード破産する人の気持ちが分かりやすく書かれている」
    とどこかで聞いて読みたくなった本。
    しかし、最後まで私にはその気持ちが分かりませんでした。
    それはきっと私が『蛇には足が無いことを知っている蛇』だから。
    手に入れなければ幸せになれないなんてことはないはずなのに。


    クレジットカード、キャッシング、ローン。
    現代の経済には実態のない闇があり、それに振り回される人がいる。
    次にその暗がりに嵌まるのは自分かもしれません。

    登場人物の心情を追う部分と現代経済の闇に対する問題提起。
    二つの面からこの物語は楽しめると思います。

  • 宮部みゆきの最高傑作は、間違いなくこの『火車』だ!と、声を大にして言いたい。

    失踪人探しが、いつの間にか“悪”の追跡劇へと変わっていく展開が◎。

    姿なき犯人の姿がじわりじわりと見えてくる過程が◎。

    何よりかにより、読者を惹き付けて離さない宮部さんの描写力!

    賛否別れる結末も、自分は文句無しに◎。

    2005年頃の初読で、2回再読。

    2012.03.02.書。

全2342件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

火車 (新潮文庫)のその他の作品

火車 単行本 火車 宮部みゆき
火車 Audible版 火車 宮部みゆき

宮部みゆきの作品

ツイートする