模倣犯1 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.88
  • (849)
  • (980)
  • (1038)
  • (53)
  • (19)
本棚登録 : 7816
レビュー : 600
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.9.18再読了。
    最初に読んだのは多分10年以上前のこと。

    ハードカバー上下巻で一気読みして、衝撃を受けたのを覚えてる。
    ただ、細かいストーリーなんかは忘れてしまってるので、文庫で再読開始。
    1巻は、うまいところで終わったなーって印象。

    違うことが分かってるけど、どう進むんだっけ?って思いながらだから、読み進めるペースは早いのだけれど。
    主軸以外の描写が細かい宮部作品なので、じりじりとしか進まない事にもどかしさも感じたりしている。

  • 信頼している読み手が、娯楽小説の金字塔と賞していたので手にとったが、大変退屈なものだった。
    1巻の340ページで断念。
    古臭いセリフ回しとファンタジック(紋切り型)なトウジョウジンブツ、劇場型犯罪の虚構感に辟易。
    その遅々として進まぬ話とじめっとした身の上話に、もはや、犯人などどうでもよくなる。
    そして俺は音楽を聴いて掃除をはじめる。

  • 読み辛い

  • 宮部みゆき2冊目。1巻目を読み終わった。ごくありきたりな殺人モノという印象…主人公的な立ち位置の人がおらず、ぼやけてるかんじ。一気に読めたがまだそれだけ。今後に期待しよう。

  • おもしろかったですよ! さすがに有名な作品だなーって感じです。
    ではなぜ星が少ないのか、というと。
    すっっっっっごい胃にもたれるからです。
    内容の半分くらいは犯人(たち)の心理とかが犯人の視点で描かれているんですが、それがしんどくてしんどくて……!!
    それだけ内容に引き込まれているっていうことなんでしょうが、しばらく鬱みたいになります。
    心の底から楽しく読めたのは4、5巻だけでした……
    有馬のおじいちゃんのかっこよさだけで読み進めた作品です。
    後半になればなるほど有馬のおじいちゃんと塚田くんに引き込まれ、反面由美子とピースにイライラしてくるという。
    ピースはともかく、由美子は……実際自分が同じ立場におかれたら同じことをしかねないな、と思うと恐ろしかったです。
    一読する価値はあると思います。
    ただ、引き込まれすぎるひとは注意が必要かも。

  • 映画にもなった作品の文庫版?。犯人との息詰まる頭脳戦で、追い詰め方も他に類を見ないですが、読み直そうとは思わないかも。

  • 個人的にはちょっとまわりくどさを感じた。

  • やっぱ始めはしんどい(;´д`)ゞ
    キャラが多いのでその設定の説明が長いから、、
    まぁこういうのも大事なんだけど☆

  • 内容が重い。。。犯人の悪意にあてられて、気分が沈む。。。 そう感じるのは久しぶりに宮部みゆきを読んだせいかなぁ。最近、森博嗣とかさっぱり系のやつばっかし読んでたからなー。

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

模倣犯1 (新潮文庫)のその他の作品

模倣犯 1 Audible版 模倣犯 1 宮部みゆき

宮部みゆきの作品

ツイートする