模倣犯3 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.83
  • (548)
  • (674)
  • (781)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 5370
レビュー : 284
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そうか、あれは事故だったんだ。ってのが一番の驚き。最初は3人とも被害者だと思ってて、この巻を読みながら“ピースが罪を擦り付けるための謀略か…”っていう風に思い直したけど、最終的に普通に事故ったとは。でも考えてみれば、それが一番もっともらしいですわな。犯人二人が思い描いていたドラマは、思いがけない結末を迎えたけど、この後、残されたピースはどんな幕を開ける?ってのが、後半にかけての見所でしょうか。それにしても、ここまで長編のミステリって、果たして”もつ”かしら?とか思っていたのは、完全に僕の杞憂でした。まあ、作者の技量からすれば当たり前だけど。それにしても先の展開が楽しみです。

  • ヒロミもかわいそうな人間だった。この先はどうなるのか。

  • 今年のお正月に1巻を読み始めたが
    複雑な内容から3巻の途中で中断していた。
    年内で読み終わることを目標にメモを作って再挑戦。
    和明の浩美への想いを知り、語りかける言葉に心動かされたけど、
    運転中に浩美の姉の話をしちゃダメでしょ。
    やっぱり和明は和明なんだとがっくり。
    浩美と和明は交通事故はピースの仕組んだことではなかったのね。
    ピースの初登場時から気になっているんだけど、彼は何者なんだ?
    梅田事件の被害者の息子ではないかと思っているんだけど
    動機が全く見えてこない。

  • 車が転落し、二人の犯人と思われる男性が死亡するという話から進む。
    この二人が犯人なのか真相解明がすすまれていくが、確証もなかなか得られずで、そうしている間にも二人の容疑者の家族は世間から追い込まれていき、心の病気になったり、その土地に住めなくなったりとすさまじい・・・
    カズの優しすぎる人柄が悲しくなる話。
    「こういう女性が巻き込まれる犯罪は、狙われて殺される方にだってなんかしら落ち度みたいなものがあったはずなんだ、だからうちの娘は大丈夫という感情が一滴、二滴と添加される。」
    表現の仕方もあるが、含みがすごい印象を与える。

  • 2014/10/12読了。

  • 2014.10.12読了
    確か2巻で男2人が死んだとこまで書いてあった気がするのだが。3巻はそこまでの流れとなっている。ここからは、ピースvs警察か、カズの家族ってところか。けど、カズは死んで欲しくなかったなぁ。どーなるんだ?って所。早く読まないとスッキリしない感じだ。

  • 2014/09/21 - 2014/09/22
    群馬県の山道から練馬ナンバーの車が転落炎上。二人の若い男が死亡し、トランクから変死体が見つかった。死亡したのは、栗橋浩美と高井和明。二人は幼なじみだった。この若者たちが真犯人なのか、全国の注目が集まった。家宅捜索の結果、栗橋の部屋から右腕の欠けた遺骨が発見され、臨時ニュースは「容疑者判明」を伝えた――。だが、本当に「犯人」はこの二人で、事件は終結したのだろうか?

  • 悲劇の予感はここにして回収され、当初僕が予想していたものよりも残酷な展開であった。しかし、この先により一層残酷な仕打ちが待っているのは明らかである。

  • 模倣犯<一>のレビューご参照。

  • 2014.09.08

全284件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

宮部みゆきの作品

ツイートする