スキップ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.67
  • (516)
  • (563)
  • (1016)
  • (79)
  • (24)
本棚登録 : 4294
レビュー : 554
  • Amazon.co.jp ・本 (571ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み直すたびに評価の上がる作品。初読の際は直前にケン・グリムウッド『リプレイ』を読んでいたこともあり、その対比がひとしお心に響いた。痛みがあるからこそラストの主人公の《意志》と《選択》が映える。

  • 明日は、晴れる
    だっけ?小さい時読んでからずっと大好き。

    本で殴ったとこスカッとした。

  • 12月19日読了。「このミステリーがすごい!」1996年度の第7位の作品。昭和40年・文化祭の準備に忙しく過ごす17歳の真理子は、ある朝目覚めると25年後の世界で42歳の自分の身体に心が入ってしまっていることに気づく。・・・作中でも言及されるとおり、単純に「25年分の記憶を喪失した」ととらえると不思議でもロマンティックでも何でもない話なのだが。タイムスリップする話や知っているようで知らない異世界に飛び込んで右往左往する話は古今東西に数多くあれど、この作者の書きたかったのはそんなSFやミステリではなかったのだな・・・。主人公が敵に狙われたり過去に戻ろうとするのではなく、42歳の自分の職業である「高校教師」を引き継ごうとするスリルに手に汗握る(?)。昭和と平成の世の中のギャップで笑わせる小ネタをはさみつつも、主人公が自分がスキップしてしまった25年を徐々に理解していく過程が実にすがすがしい。最後に変なSF的オチをつけないのも好み。ええ話やった。

  • 私として生きること。
    私としてある今。
    背筋をすっと伸ばして生きていく強さに溢れた作品。
    その軽やかさが、何よりも力強い。

  • 分厚い本だったのにあっという間に読了。解説にもある通り、真理子=我が母、真理子=娘のわたしだと思いながら。本当に亡母と同じ年代なのです。東京オリンピックのとき中学生だったという一文からの推定。
    もし母が高校生の母だったら…とか、いまのわたしが高校生のわたしになってしまったら…とか考えながら読みました。
    特に山がある物語ではないのですが、893まがいの卒業生に助けられたり、25歳年下の男の子に告白されたりしたところは面白かった☆ドキドキハラハラしながらも前に進もうとする真理子さんがステキな一冊です。

  • この作品といい、円紫さんと私シリーズといい、「もっと早く出会えてたらなあ」と思う。

  • 逆コナン設定はエンタメとして厳しいかな

  • 「2011年 私のオススメの1冊」

    所蔵なし

  • 著者の〈時と人シリーズ第一作〉をひょんなことから読み返す。知らない家で目を覚ました女子高校生を待っていたのは42歳になった自分の日常。自分の知らない間に過ぎ去った自分の人生に戸惑いながら、「夫」と「娘」に支えられ、現代文の授業は何のためにあるのかと考え、淡い恋に戸惑いつつも高校の教壇に立ち続ける「桜木先生」が素敵だ。高校生の心をもつ高校教師から見た高校生活の話でもある。「今、昭和何年」「もう昭和じゃないの」。来年以降、今度はもう少しちゃんと映像化してもらえないかな。95年から20年の25年間とばしあたりで。

  • すこし不思議の方のSF、読みやすい

全554件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スキップ (新潮文庫)のその他の作品

スキップ 単行本 スキップ 北村薫

北村薫の作品

ツイートする