リセット (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.58
  • (251)
  • (314)
  • (655)
  • (45)
  • (16)
本棚登録 : 2692
レビュー : 299
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他の2冊はサラっと読めるのに、なぜかこれだけは毎回挫折してしまう、、、いずれまたリベンジする、、、つもり、、

  • スキップ・ターン・リセット。時と人の三部作。
    実は、スキップは読んだけどターン読んでません・・・。たまたま古本屋さんにあったので買ってしまったリセットを先に読んでしまった。

    人生は一度きり。時間は不可逆的で二度と元には戻らない。その前提が崩れた時、人はどうするだろう?そして、その想像を経て、僕達はどう生きていけばいいのだろう?他人に対してどのように接し、人からもらった優しさを、どのように繋いでいけばいいのだろう?

  • 3部作の中で一番、読後の気持ちの整理がつきにくい。めぐりめぐって続いていく時と人。当初の予想より壮大な話だった。

  • 時と人3部作。
    スキップは読んで、
    ターンは飛ばしてしまいました…orz
    こっちが3作目だったんですね。
    順番に読まなくてもいいけど
    順番で読みたかったです。

    物語の始め、戦争が始まる時代。
    馴染みがないせいか状況が想像しがたく
    のめり込みにくかったです。

    最後に向けて話がまとまっていくにつれ、
    リセットの意味がわかり、
    ああ、これはハッピーエンドな話なんだな、とホッとしました。
    優しいお話だったと思います。

  • 時と人 三部作の最後の主題は、なんと輪廻転生。
    昭和初期の女学生の日常や戦前戦中ならではの無情感、日記の文章で見せる少年の背伸びした感じと、大人になってから語る当時の心境など、性別や年齢に関係なくリアルな心情を描く北村氏の真骨頂が随所に発揮されています。
    また、スキップのラストで感じたような切なさではなく、むしろ希望に溢れたエンディングも素敵でした。

  • どうすることもできない事に、人は必ずぶち当たる。絶望的な苦しい思いも、長い時間を経て優しくつぎの世代へ繋がって行く。
    <かの時に言ひそびれたる 大切の 言葉は今も胸に残れど>
    亡くした人もまたどこかで次の人生を送っているのだろうか。その人にまた逢えるのだろうか。

  • 物語を楽しむというより、昭和の情景や戦争の頃の人々の暮らし・気持ち・情緒、を慈しむ。
    ただただ空想物語ではなく、きちんと時代背景に沿った事件や流行りものが文章に織り交ぜられていたのがよかった。

    「リセット」は「0になってしまう」という悲しい意味だと思っていたけど、「1からやり直せる」という、意味でも捉えられるんだと読んで感じた。

  • 同じ、「時と人 三部作」の「スキップ」、「リターン」に比べると、今一つ熱中出来なかった。
    戦時の話がメインってのもあったと思う。ノスタルジーに浸れる世代でもないし。

  • ◆ 「――また、会えたね。」◆
    舞台は、戦時中の日本。女学生の水原真澄は、友人たちと交友を深めるなかで、少年・結城修一に淡い恋をした。しかし、戦局が悪化するにつれ、彼女たちの住む町にも戦火が及び、二人は想いを告げられぬまま引き裂かれてしまう。やがて、日本は終戦を迎え、出版社に勤める水原真澄は、とある小学五年生の男の子に出会う。その男の子は…。時を越えて巡り合い、繋がる想い。戦争の悲惨さと、登場人物たちのひたむきでまっすぐな姿に、思わず涙します。

  • 「三部作」を読んでの感想。これが断トツで良かった。北村薫ファンになってしまった。

全299件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リセット (新潮文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする