リセット (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.58
  • (251)
  • (314)
  • (655)
  • (45)
  • (16)
本棚登録 : 2692
レビュー : 299
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時と人の第3弾。
    時代背景は昭和、第2次世界大戦から始まります。
    はじめは日記の内容が多く、正直読むのに苦労しました。
    3部の中では一番ゆるりとしてる気がしていました。

  • 第1部を半分まで読んだところで飽きた。自分の読みたいのは"時"の物語である。戦時中のありふれた話を長々と綴られて、"時"がほのめかされてすらいない。最後にはハッピーエンドになるらしいがそういう問題ではない。そこまでの過程の中におもしろさを見いだしたいのであるし、わくわくしたいのである。その意味では、『スキップ』『ターン』の構成は満足のいく物であっただけに、この本のつまらないところが際立ってしまう。

  • スキップ、ターン、リセットの三部作ということで
    その順番に読みました、。
    三部読んで振り返ってみると、
    自分的には、このリセットだけが、しっくりきませんでした。
    どうしても話の中に入り込めません。

    ストーリーが淡々としている、というか、
     次はどうなる?
    というわくわく感のある作品ではないから、かもしれません。

    三部の中では、ターンの後半からラストにかけて、が
    一番おもしろかったかな。

  • 6年間読みきれなかった本。ようやく読みきりました!!!
    うーん・・・まぁ良かった。
    ・・・・もう一度読み直してみよ!!

  • 大好きな一冊です。どうやら私は「生まれ変わり」というワードに弱いらしい。読んだ後、無性に読書感想文を書きたい衝動にかられ(笑)、しかもかなりレベルの高い文章がかける気がしたんだけど、すでにいい大人だったので結局書きませんでした。

  • 最後まで読むといい話なんだけど前振りが長すぎ。

  • 「本は人を繋ぎ、思いを伝える。」

  • 第一部の戦前~戦中にかけての、ものすごく精巧なドールハウスを小さなパーツから組み立てていくかのような丁寧な描写に音をあげずについていけるかどうかが、この作品を楽しめるかどうかの分かれ道でしょうか。

    第二部、第三部と加速していく物語の渦にどんどん巻きこまれ、「そやから、また、会おう」という素朴な約束が果たされる運命の瞬間に感動します!獅子座流星群を、長生きしてもう一度一緒に見たいと思える人に巡り会いたいものです。

    この「リセット」にしろ、「街の灯」に始まるベッキーさんシリーズにしろ、北村さんは、戦後生まれだけれど、だからこそ、昭和初期をきちんと描いておきたいと決意されてる気がします。

  • 前半は戦前戦中芦屋のお嬢さんの生活が垣間見れて興味深かった。第二部はお父さんの一人語りが冗長的にも思えた。フライ返しの辺りから納得はしたが、そんなに好きだったの?と思った。赤い糸ってあるのかしらね。

  • 前にスキップとターンを読んだことがあったので3部作と言うのでリセットを借りてみました。確かにリセットが一番読みやすい、受け入れやすい話だったかなと思います。

    戦中・戦後・現在(と言うより昭和後期?)と時代が章ごとに分かれているので時代の変化や人の考えの違いなどがとてもわかりやすかったです。そして中盤になってなるほどこういう展開なのか、と。私は梶尾真治さんの作品が好きでよく読むのですがあの方の時間ものにもありそうなロマンティックなお話だなあと思いました。男性の方がロマンチストなのでしょうか。(女性はロマンティックなモノを好むから男性はロマンチストなのだ、とはオーデュボンの祈りの中に出てきた好きな台詞の一つですが)面白かったです。

全299件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リセット (新潮文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする