ひとがた流し (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (95)
  • (103)
  • (97)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 897
感想 : 104
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101373317

作品紹介・あらすじ

十代の頃から、大切な時間を共有してきた女友達、千波、牧子、美々。人生の苛酷な試練のなかで、千波は思う。「人が生きていく時、力になるのは自分が生きていることを切実に願う誰かが、いるかどうか」なのだと。幼い頃、人の形に作った紙に願い事を書いて、母と共に川に流した…流れゆく人生の時間のなかで祈り願う想いが重なりあう-人と人の絆に深く心揺さぶられる長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『月の砂漠をさばさばと』のさきちゃんの続きが読める、と思い手に取った作品。

    十代の頃からの女友達三人。
    四十を越した今でも変わらず付き合いを続けているとても羨ましい関係。
    とかく女性は結婚したり出産すると学生時代の友達とは疎遠になりがちなのに(現に私もそうだ)、家族ぐるみで、しかも適度な距離感を保っている三人がとてもいい。
    この三人の内の一人がさきちゃんのお母さん(牧子さん)で、高校生になったさきちゃんも登場する訳だけれど、さきちゃんがこんなに伸びやかに素直に育ったのは、きっと牧子さんとその女友達のお陰であることは間違いない。

    人生長く生きていると色々ある。
    小さな記憶の積み重ねが生きていくことであり、そんな記憶のかけらを共有していくことが共に生きた、という証。
    ラストはもう泣けて泣けて仕方がなかった。
    さばの味噌煮を見る度に、牧子さんが作ったあの可愛らしい替え歌と、いつも前向きだった女友達のことを思い出すのだろう。
    女友達は会わない時期があっても心の支えになっている、そんな目には見えない絆をしみじみと噛みしめる物語だった。
    読めて良かった。

  • 「どんなお話?」と聞かれたとき、言葉に詰まる本というものがある。
    とてもじゃないけど、ひと言では到底言い表せない、そんな本。
    語れば語るほどに空虚な言葉が宙を飛んでいく、そんな錯覚に囚われる。
    話せば話すほど、その本が詰まらなく感じてしまう、そんな本。
    説明すればするほど、空虚でグダグダになってしまうような、そんな本。

    けれど、間違いなく、自信を持って名著であると言い切れる、そんな本。
    読書中には、ぐいぐい引き込まれてページを繰る手が止まらない。
    読後には、心に豊かな感情が湧き起こる。
    ああ、この本と出会えてよかったな―、と幸福を噛み締められる。

    本書は、そういう作品です。

    「良かったよね」「うん、とても良かった」
    「素敵な作品だよね」「うん、本当に素敵」

    そんな会話を、ぽつぽつと誰かと交わしたい。
    そして、互いの間に交わされる、目に見えない共感の糸を感じていたい。
    緩やかで暖かい雰囲気を感じながら、互いを包み込んでいる幸福感に身を委ねたい。
    そんな、至福の時間を誰かと共有したい。

    なんとなく、人恋しくなる。そんな作品です。
    北村薫氏は、やはり天才なのだなあと思いました。

  • 北村薫さんの作品一冊目。スキップ同様、中盤までなかなか読み進めることができなかったけれど、だんだん味がついてくる。事件やどんでん返しがあるわけではないけれど、登場人物一人一人がすごく魅力的で見守っていたくなる作品。あ〜こういうの好きだなぁ。

    《二回目追記》2016/03/19
    初めて読んでから約10年くらい経ち、一回しか目を通していないのにわたしの1番好きな小説と周りに言いふらしてました。
    今年二回目で再度読み、やっぱりこれだなって思うくらい、暖かいものがあるとおもいます。
    すっかり忘れていたけど、病院での千波と牧子が夕日を眺めているところ。本当に涙が止まらない。

  • 『ひとがた流し』 北村薫 (新潮文庫)


    「第一章 桜」という真面目な章題を見た瞬間、ああやっぱり北村さんだわーと思い、前回の町田康のめくるめく謎の曼荼羅世界から、一気に日常に飛ばされて帰って来たような気がした。


    これは四十代の女性たちの物語である。
    また私と同年代だ。
    前々回の『ブラバン』もそうだったし、最近やたら主人公が四十代という小説に縁がある。
    しっかりせえよ、と言われているみたいだ。


    主人公の石川千波はアナウンサーである。
    真面目で責任感の強い彼女は、朝のニュースショーのメインキャスターに抜擢される。
    が、その矢先、自分が病に冒されていることを知る。

    病名は作中でははっきりとは書かれておらず、「胸の悪い病気」となっているが、これは佐藤夕子さんの解説(いつもながら的確で温かい)の中で、北村さんの言葉として、その病名の単語と、もう一つ「涙」という言葉は使うまいと思った、と書かれている。
    実に北村さんらしい。

    病気を扱うことは簡単なようで難しい。
    実際に病気と闘っている人やその家族、もしかして近しい人を亡くしている人もいるかもしれず、作者がきちんとした考えを持っていないと、うわべだけの感動物語になってしまう。
    どこまで踏み込むか、どの立場で見るか。

    読んでいくと、物語の中心が千波の闘病生活ではないことが分かる。
    病気は静かに進行していくけれど、その部分がことさら大げさに描かれているわけではない。
    描かれているのは、登場人物それぞれの日々の生活だ。

    牧子や美々とその家族、そして何より、こりゃちょっと出来すぎじゃないの?と思えるほどの優しい鴨足屋(いちょうや)良秋との出会い。

    解説の佐藤さんも私と同じことを思ったらしく、直接北村さんに、「いちょうやさんみたいな男の人いるでしょうか?」と訊いたらしい。
    北村さんは即座に、「います。僕だってああしますよ」と言ったのだそうだ。
    「います」は分かるが、「僕だってああします」はなかなか言えないですよ。
    なんちゅう格好いいおじさまなのだろう。


    ホスピスでわがままを言って荒れた千波を看取った後、良秋はこう言った。

    「いいんですよ。そのために、ぼくがいたんだ。」

    この一言だけでも、この本読んだ甲斐があったなぁ。
    感動…


    足の怪我をした牧子の病院に、千波が来るシーンがすごくよかった。

    秋の西日が斜めに差し込む病院の渡り廊下。
    一日の疲れを残した、まったりとした琥珀色の風景の中で、怪我人の牧子と病人の千波が、最後のひと時を過ごす。
    これは、この物語の中で一番心に残ったワンシーンだった。


    病気の人に対して、健康な人は立場が弱い。
    実際に経験した人にしか私の気持ちは分からない、と言われてしまえば、その通りですごめんなさいと言うしかない。
    だから本当は、病気を扱った話は私は苦手なのだ。
    この『ひとがた流し』も、そんな話だったらきっと最後まで読めなかったに違いない。

    千波が手術前に撮った写真のフィルムを、彼女の死後、良秋が日高類に返すシーンがある。
    心がふっと緩んだ。
    この病気に対する作者の姿勢、気持ちが伝わってきた。
    これなら私も納得できる。


    決してハートウォーミングな物語ではないけれど、登場人物たちに向けられた作者の優しい眼差しが、千波たちと同じ四十代の私にも、同じくらい優しかった。

  • 何となく第二章くらいまでは物語にのめり込めずにいた。
    これは推理小説なのか、SFなのか、それとも恋愛小説なのか、ジャンルすらもわからずに読んでいた。
    要するに物語の軸というか、主題みたいなものが全然見えてこなかったから、どこに心を寄せて読めばいいのかよくわからなかったのだ。
    北村薫さんの小説にはありがちなことだが、特に衝撃的な事件が起こるでもなく、何となくぼんやりと登場人物たちの人物紹介のようなストーリーがだらだらと続いていくだけで、正直、興味を失いかけていた。
    大ファンである北村薫さんの作品でなければ、投げ出していたかもしれない。

    登場人物はたった七人。
    花形ニュースアナウンサーの石川千波。
    その千波の小学校からの友人である牧子と、その娘のさき。
    二人の高校時代の友人である美々子と、その娘の玲、夫でカメラマンの類。
    そして、千波の後輩アナウンサーの良秋。

    ひとつの長編の中にこの七人のそれぞれの想いが絡み合い、お互いを慈しみ合い、そして愛し合う様子が描かれる。
    退屈な始まり方だと思った物語をぼんやりと眺めているだけだったのに、僕はいつの間にかぐいぐいと引き込まれていった。

    牧子とさきの母子については、少々驚かされた。
    作家の母親とさきという名前の娘。
    このキーワードで思い当たらなければいけなかったのに、さばの味噌煮の歌が出てくるまでちっとも気がつかなかった。

    ♪月の砂漠をさばさばと さばの味噌煮がいきました

    あの小さかったさきちゃんがもう大学受験というのも不思議な感じがしたし、さばの味噌煮の歌を覚えていることは少し嬉しかった。

    美々子は少しおせっかいなオバさん。
    千波に近づく不審な男相手に、探偵ごっこまでやらかした彼女の行動力に舌を巻いていたら、その男の正体がわかった後は一転、千波に告白しろと詰め寄る。
    何とも愉快な人だ。
    だが、彼女のこの破天荒な行動が、千波に最後の幸せをもたらしてくれる。
    その強引さは最初、ちょっと非難したくなったが、最後には僕も感謝をしていた。

    その美々子の夫である類と、娘の玲。
    二人は血は繋がってはいなかったけれど……でも、二人は間違いなく本物の父と娘だったと思う。
    血が繋がっているかどうかなんて大したことじゃない。
    互いが互いをどれだけ大切に思い、どれだけ必要としているか。
    そっちの方が大事だと僕は思う。
    血が繋がっていても、互いを大切に思えない親子はいくらもいる。
    そんな親子よりも、類と玲のほうがよっぽど本物の父娘のようだと心から思えた。

    そして、千波。
    彼女は《やり直せないことが好きだ》と言う。
    もう二度と通ることのない道だからこそ、人はその瞬間、瞬間を大切に生きようとするのだろうし、愛しくも思うのだろう。
    いつだって、前だけを向いて歩いていく彼女だからこそ、辛い現実も受け止めることができたのだろう。
    千波だって人の子だからそうは言っても後悔することもたくさんあったはず。
    だけど、きっと千波はそういうことも含めて、自分の生涯を悔いることなく逝ったに違いない。
    そう思いたい。
    良秋が千波に告白をしたときは、何て唐突で強引なんだろうと思った。
    千波の台詞じゃないけれど、もうちょっとこう、段階を踏んでもいいんじゃないかと僕も思った。
    だけど、千波に残された時間を考えれば、良秋の決断は僥倖だったと思う。
    こんな言い方は好きじゃないけれど、何か見えないものの意思が働いているかのように(一般的にはそれを運命と呼ぶのかもしれない)、二人は結ばれたのだ。
    良秋がこのタイミングで北海道から呼び戻されたことも、千波に対する最後のプレゼントだったのかもしれないとさえ思えた。
    二人で過ごした時は本当に短かったけれど…でも、きっと千波にも良秋にも素敵な時間だったのだと思う。

    最後に余談だが、2007年の神奈川県公立高校入試問題としてこの小説は使われていた。
    新聞を開いてちょっとびっくりした。
    僕が現役の中学生でこの試験を受けていたらかなりモチベーションが上がったと思う(笑)

  • 切なさで胸が痛いです。人々が皆、幸せであってほしいと祈るような気持ちになりました。

  • 2020.3 課題本

  • これが「月の砂漠をさばさばと」の続編だと知らなかった。NHKでドラマになっていたのも知らなかった。
    読むに連れてあのほのぼのとした母と娘の暮らしを思い出した。あ~いい本だったな。
    この本は作者と題名が気になったので手に取った。流れると言う言葉に少し拘って、というより生きていくことは言葉にすればそういうことだと日ごろから思っているし。「ひとがた流し」いい題名だと思った。


    今度はお母さんの牧子さんと二人の親友の話になる。

    メインは、独身のままアラフォーを迎えている千波。二人からは「トムさん」と呼ばれている。
    駆け出しの報道時代を経て念願のメインキャスターの席を得た。そこで悪性の腫瘍が見つかる(胸の悪い病気と書いてある)


    もう一人美々は子連れで離婚、今は写真家と結婚している。結婚したときはまだ物心ついていなかった子供は実の父親だと思っている。この親子関係が実に温かく、高校生になった娘が父の写真を理解して同じ目で写真を写し始めている。このあたり、優しさとともに、実子でない親子にある現実が少し重荷であって、どう解決しようかというあたり、心温まる結末がジンとくる。

    サバの味噌煮を作りながら歌っていたお母さんの牧子さんと、大学受験前のさきちゃん、時間は流れ、それぞれ三組の家庭の話も、あたたかいふれあいの中で時が過ぎている。

    千波は局で知り合った後輩のイチョーヤさん(君)と最後の時間をすごすことになる、このあたりは出来すぎかもしれないが、事実は小説よりも危なり。そういうこともありかもしれず。大きな試練を越える千波に最後の贈り物は哀しくて美しい。


    そんな、目の前の厳しさも包み込むようないい本だった。

  • 使われている文字に特別なものはない。

    普通の文字を重ね合わせ、日常的に起こりうるエピソードが、柔らかく、そして印象深く描かれ、読み手の心に残って行く様は、作家の文章に対する愛情すらうかがえる。

    物語は、主要な登場人物が、各章ごとにその役割に沿って描かれており、読み終わった頃には、登場した各々に対して思い入れが強くなり、読後の余韻を味わうことができる。

  • 3.1 女性の友情の物語。だれかに必要だと思われることの への切実な思い。人とつながるには、具体的な行動が大切だと教えてくる話。自分はここまで思い入れる人はいないかな。

全104件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。大学時代はミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、89年、「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞を受賞。著作に『ニッポン硬貨の謎』(本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)『鷺と雪』(直木三十五賞受賞)などがある。読書家として知られ、評論やエッセイ、アンソロジーなど幅広い分野で活躍を続けている。2016年日本ミステリー文学大賞受賞。

「2021年 『盤上の敵 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×