薄妃の恋―僕僕先生 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.79
  • (53)
  • (153)
  • (98)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 835
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101374321

作品紹介・あらすじ

あれから5年目の春、ついに先生が帰ってきた!生意気に可愛く達観しちゃった僕僕と、若気の至りを絶賛続行中の王弁くんが、波乱万丈な二人旅へ再出発。さっそく道中の漉水のほとりで、男女の熱愛現場に遭遇した一行。しかしそれは、人間の男と、すでにこの世のものでなくなった女との、悲しい恋の目撃だった-新しい旅の仲間も増えて、ますます絶好調の僕僕シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見た目は美少女の仙人「僕僕先生」と
    彼女を師として仰ぎつつも恋心も隠せない王弁くん。

    最初は不気味な存在だった薄妃も途中から
    いいキャラになるんよね~。

    お料理対決の話が好き。


    関係ないけど、この年の新潮文庫の新刊は
    66冊中3分の1が読んだことある作品だった。
    思わず手に取りたくなるものが多くって。
    豊作♪豊作♪

  • 僕僕先生シリーズ第二弾!僕僕先生と王弁の旅先での話が短編集のように入っていて、面白くてリズムに乗って読めました。旅の仲間が増えた事もマンネリさをなくしていて良かった。

  • なんかふんわりしてるなあ。
    1巻に比べるとシリアスさが足りない気がする。王弁さんの想いも、その試練も、1巻ほどの切羽詰まった感じはない。
    マイルドになっているけど、ぼやけてるとも言えるかもしれない。

  • 2008年の作品で、シリーズ第二弾。
    美少女の姿をしているが実は齢数千年の仙人と、元ニート青年・現在は仙人の元で修業?中の弟子が、中国の広大な舞台を縦横に巡りつつ繰り広げる物語り。
    とってもツンデレな仙人だが、デレのさじ加減が厳しくて、それでも魅かれ続ける青年・王弁。 以前に比べれば薬師として幾分かの成長も遂げ、本書には描かれていないが数年の異界の一人旅も経験して経年値は積んでいるらしい...。
    それでも、依然として仙人であり師でもある僕僕との距離は縮みそうで近付けない...
    人間のみならず、天界、仙界の様々なドロドロに巻き込まれながら、段々と美少女仙人との距離が近付きつつある...
    仙人:僕僕の本心や如何に?
    ...が、ほんの1行のセリフだが、想いが描かれていて、次を読みたくさせられてしまうのであった...

  • 中国の古典文化の深い愛情を持つ作家・仁木英行の大ヒットシリーズの第二作。大人になっても働きも学びもせず、のんべんだらりとニートのような生活を送っている青年・王弁が、少女の姿をした仙人・僕僕と修業の旅から戻ってはや5年。薬師(くすし)として日々を送っていた王弁は、再び目の前に現れた僕僕と一緒に、中国国内を旅して回ることになる。相変わらずしゃっきっとしない王弁に呆れながらも、毒舌を交えながらも師として面倒を見る僕僕。二人の関係は「師弟」から「恋人」の関係に発展していきそうな予感。だが、師匠の本当の姿を知っている弟子と、自分の正体をどう思っているか気になる師匠は、最後の一線をなかなか越えることができない。この時点では「薄い」と表現されている彼女の胸が、年頃になったら豊満になるのか気になるところ。仙人だから、その気になれば「妙齢の美女」に化けるのはたやすいはずなのに、そうしないのはなぜ?個人的には老人というのは「擬態の一種」であり、実は絶世の美女である、という展開になることを希望しているのだが。

  • (^^)

  • 仁木英之による古代中華ファンタジー、シリーズ第二作。
    冒険譚のシリーズものとして王道を踏むように、旅の道連れを増やしつつ、主要登場人物の過去が明かされ始めたり、成長しだしたりする。
    他方で、正義とはなんたるかという、ありがちだが良し悪しの表れるテーマを丁寧かつ分かりやすく織り込んでいる。白けるほど綺麗事ではなく、絶妙なバランスといえる。
    自分の読書範疇から外れている気もするが、たまにはよい。
    3+

  • 僕僕先生シリーズ

    姿を消して5年後
    戻ってきた僕僕先生と王弁の旅が再び始まる

    料理対決したり雷の子供と出会ったり
    恋路の邪魔をしたり・・・
    短編集で前作よ読みやすい感じ

    旅の仲間も増えて、ますます楽しみです

  • シリーズ第二作。
    一作目を読んで随分間を空けて第六作まで一気読み!
    短編形式ですいすい読めて物語に引き込まれる。
    新しい旅の仲間も増えてにぎやかです。

  • 王弁が可愛くない年になっちゃったよ・・・
    しかも薬師のようなことしてしっかり生計を立ててるし。
    でもやっぱり僕僕先生といっしょにいると1巻の可愛い王弁に戻るのかな。
    今回は恋愛メイン。

    内容(「BOOK」データベースより)
    あれから5年目の春、ついに先生が帰ってきた!生意気に可愛く達観しちゃった僕僕と、若気の至りを絶賛続行中の王弁くんが、波乱万丈な二人旅へ再出発。さっそく道中の漉水のほとりで、男女の熱愛現場に遭遇した一行。しかしそれは、人間の男と、すでにこの世のものでなくなった女との、悲しい恋の目撃だった―新しい旅の仲間も増えて、ますます絶好調の僕僕シリーズ第二弾。

全93件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1973年、大阪府生まれ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。「僕僕先生」「千里伝」「くるすの残光」などのシリーズをはじめ、歴史・警察・伝奇など様々なジャンルを書いている。

薄妃の恋―僕僕先生 (新潮文庫)のその他の作品

仁木英之の作品

薄妃の恋―僕僕先生 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする