先を読む頭脳 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.64
  • (31)
  • (47)
  • (56)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 442
感想 : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101374710

作品紹介・あらすじ

天才は何がすごいのか?そんな素朴な疑問を、誰もが認める天才棋士・羽生善治をモデルに徹底解明。将棋との出会い、勉強法、対局で大切にしていることなど、本人が明かす驚愕思考を最新科学がすっきり整理し、ついに能力の秘密が明らかになる。多くの決断を迫られる将棋だからこそ、その極意は人生の様々な局面に生きてくるはず。向上心ある日本人のための画期的な一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 羽生名人の思考の数々。
    コンピュータの思考法との違い。
    興味深い話が盛りだくさんです。

  • 将棋における「先を読む頭脳」を研究している。前半は主に「将棋脳」とでも言うべきか、将棋に長けた人達の思考方法を研究している。後半は主にコンピューター棋士の発達の仕組みの研究だ。

    将棋は他の似たようなゲーム(チェスなど)に比べて「取った駒を使える」のが独特のルールで、それが指し手の複雑さになり、チェスに比べてコンピューター棋士が強くなる速度が遅れた。その性能はソフトよりもハード、計算速度の早さで決まるものらしい。

    羽生氏は「コンピューター棋士は指し手の読み込みは早いが、人間味のある指し方はできない。それができるようになれば面白い」と語っている。コンピューター棋士の研究だけに留まらず、人工知能の研究などにおいても同様だろう。どんなにコンピューターが強くなってもプロ棋士という職業は無くならないことが伺える。「揺さぶりをかける」「戦法を変える」など、相手との心理戦は、人間同士の勝負の大きな魅力だ。

  • 人工知能や認知科学の研究者の話と羽生さんの話と交互に入ってきて、それぞれがどう見ているのか、どこに興味を持っているのかがわかって面白い。
    10年くらい前の本なのだけれど、当時と今でだいぶ状況が違うのだなあと思うと、昨今の機械学習の急激な性能向上に驚く。
    もちろん将棋のトッププロである羽生さんが対局でどんなことを考えながら指しているか、準備しているかが詳しく書かれていてよい。
    対局では、少しでも先にどんどん指すほうがよいと思っていたのだけれど、そうではないことを知って驚いた。

  • とても面白く読めました。
    将棋って自分ではやらないので、トッププロがどのように考えているのかなんて、まったく理解もできない世界。それが読みやすく解説されていて、興味深かったです。

  • サイエンス

  • "羽生さんという将棋のプロ、名人、天才といわれている人の思考のメカニズムに迫ろうというのが本書。
    羽生さんが語る言葉は、思考を言語化するお手本ともいえる。自らの思考を言葉で表すことはとても難しいこと。そして、その言語化した思考について解説もしてくれるのが本書の特徴。
    できる人の思考回路を除き見ることで、我が身にも活用できるものなのか?思考の見える化を志した良書。"

  • まだコンピュータが人間を将棋で破ることができなかった時代の話で、懐かしくもある。
    羽生さんのメタ認知的な能力、言語化能力はやはり高い。また、脳科学者が羽生さんとその他のアマチュア棋士とで脳の働きを研究した結果なども出ていて面白い。棋士の記憶力が圧倒的というより、棋理に適う直観というものがあって、ランダムな指し手とかは覚えるのが難しいよう。

  • 天才であることは言うを待たずだが、言語化能力と言い、自己認識力と言い、神は幾つの才をこのお方にお与えになったのかと思わざるを得ない。
    この本は最終的には脳科学へのフォーカスが目的だったのかもしれないが、結局偉人とはどういう人物を指すのか?をご本人が説明してくれたということかな。いやいや凄い人物と同時代を生きさせてもらえるなと改めて思った次第で。

  • 羽生善治の将棋的世界観を 
    認知科学(伊藤)と人工知能(松原)から
    科学的にアプローチする。

    コンピュータはニンゲンの知的行動を模倣する。
    ニンゲンの臨機応変な対応。
    的確な判断を直感的にくだす。
    経験的な知識を用いて常識的に考える。

    羽生善治の『頭脳の回転の速さ』『泰然とした余裕』
    的確に、わかりやすく応える。
    自分の思考力を極めて客観的にとらえる能力。
    →メタ認識。
    それを包みかくさず理路整然と説明する能力。
    →自己説明能力。

    超エキスパートの形成
    ステップがある。
    『友達から教わる』『興味』『どんどん指す』『道場に通う』
    『さらに専門書などを読んで自分で勉強する』
    『自分を見つめるメタ認識』
    『自分なりの学習スタイル』
    『反射思考』『熟考する』
    『パターンで理解する』『理解する』
    『10代で将棋の骨格が決まる』
    『センス』『継続力』『飽くなき情熱』
    『熟達化すると言うことは、無意識で処理できる』

    コンピュータには、ニンゲンの直感や常識の扱い方がわからない。

    考えることは、『新しい課題をみつけつづけること』
    →『問題発見能力』

    『序盤戦研究』『知識の体系化』『手で覚える知識』
    →絶対将棋感。
    羽生善治は、どんな将棋でも指しこなす。
    『将棋を理論的にとらえることを定着させたのは羽生善治』
    それ以前は 対戦相手との駆け引き。
    『指運』『勝負勘』

    『できるだけ可能性を残す』
    『この手を指すぐらいだったら、むしろ指さない方がいい』
    『将棋とは 対応する手を見つけるゲーム』
    『形勢判断は流れから』
    『時間配分とメタ思考』
    『発見と創造ーそれがモチベーション』

    熟達者の思考プロセス
    局面→良さそうな手→先読み→確認→一手。
    コンピュータは 膨大に読む。
    網羅的検索 ー 直線的検索。
    静的評価関数 ー 大局観。
    膨大な検査により評価値の高いものを選択 ー 経験に基づく直観

    『情報の集約力』
    問題局面→局面理解→候補手生成→先読み→評価→次の一手
    『流れ形勢判断をする』

    『棋は対話なり』
    →相手によって指し手は変えない。
    『棋風』
    『内的な要因と外的な要因』
    『負けから学ぶこと』『言語化の重要性』

    トッププロの記憶力。
    コンピュータの思考方法とトッププロとの思考方法が
    まったく違う。
    思考方法が どう追いつくかになってくるのか?
    思考方法が 変えないと行けないのか

    確かに 羽生善治によって
    将棋そのものの闘い方が 大きく変化している。
    その変化に対して、一番良く見えているのが
    羽生善治なのかもしれない。

  • 本当に頭のいい人は、難しい内容を平易な言葉で
    とても分かりやすく話すんだなと思った

    将棋の歴史や奥深さ、また羽生さん自身の強さの秘密についてなど
    ページ数はそんなに多くないけれど内容の濃い1冊
    将棋のルールはまったく知らないけど、かなりおもしろかった

    あと、数学大嫌いなド文系の私ですが、
    認知科学という分野にはすごく興味がわいた!

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

◆監修 羽生善治(はぶ・よしはる)
1970年埼玉県所沢市生まれ。二上達也九段門下。1985年、プロ四段になる。史上3人目の中学生棋士。1989年に初タイトルとなる竜王を獲得。1994年、A級初参加で名人挑戦者となり、第52期名人戦で米長邦雄名人を破って初の名人に。将棋界の記録を次々と塗り替え、1996年には谷川浩司王将を破って、前人未到の七冠独占を達成。どんな戦型も指しこなすオールラウンダー。2014年には4人目となる公式戦通算1,300勝を史上最年少、最速、最高勝率で達成。2017年、第30期竜王戦を制し、すでに保持していた永世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖を合わせ、「永世七冠」の資格を獲得した。最近は将棋界だけでなく、AI知能との未来についての対談・取材を精力的にこなす。広く財界の人々との対談からその考え、生き方を広めていく活動も続けている。将棋界のスーパーヒーローである。

「2022年 『羽生善治監修 はじめての人ともう一度の人の 詰将棋 - 1・3・5手詰 –』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羽生善治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
湊 かなえ
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×