インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.37
  • (63)
  • (107)
  • (276)
  • (27)
  • (13)
本棚登録 : 968
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101377216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大江健三郎の初期作品を読んだ時に感じた、高揚感を味わうようで、懐かしい気持ちにさせられた。

    基本的に軽やかなトーンで、手垢にまみれた素材である渋谷を舞台に、スパイ小説的なハードボイルド状況を描いている。ハードボイルド的状況は、終盤になると律儀で健気なブンガク的味付けで撹拌される運びとなるが、なかなか奥ゆかしい。

  • スパイに憧れる中二病の人 みたいな内容に思えるところもあるけど途中から主人公の記憶が錯乱して、現実と区別がつかなくなっていく辺りで広がった風呂敷を見失ってしまった。ヴィンテージブーム全盛期の話だなあと思うとなんだか懐かしい

  • どこまでが現実で妄想なのかよーわからんかった。かといってもう一度読む気はない…

  • いろんな考察があるようだけど、深く考えないタイプなのが幸いしてすんなりと楽しめた。まぁ読書として「それどうなん?」っていわれたら何も言えねえ。うーん北島康介。以上です。

  • 少し気恥ずかしくなるくらい、90年代の渋谷の空気感は良く出ている。虚ろな世代の虚ろな物語なのかな。ラストは俺には少し難しかった。

  • 氏の作品はグランド・フィナーレに続いて2作目。
    どちらの作品にも、意図的な「外し」があるようで、
    それが透けて見えるようで少々興ざめ。
    簡単には楽しませてやらないぞ、みたいな。
    エンタメ作品として読んではいけないんだよなあと思う。
    でも、嫌いじゃないよ。

  • ☆☆☆★

  • カバーの女の子の写真が良かっただけではないかと思われる。

  • わくわくしながら読めた。巻末に東浩紀が書いているが、様々な読み方ができると思う。

  • 日記形式なのが面白いです。 内容は展開の早いやくざ物?ですかね。 さくっと読めます。最後の下り以外はイメージし易いです。 ずっとこう言う路線で書いてくれればいいのにとは思いました。

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)のその他の作品

阿部和重の作品

ツイートする