虎の尾を踏む: 新・古着屋総兵衛 第十三巻 (新潮文庫)

著者 : 佐伯泰英
  • 新潮社 (2016年11月28日発売)
3.63
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101380582

作品紹介

拉致された九条文女の行方は杳として知れず、焦る総兵衛は意を決し、江戸城への潜入を試みる。また、北郷陰吉らの探索によって、異国の覆面兵と老中牧野忠精の関係が見えてきた。文女救出劇は老中牧野との闘争と変わり、覆面兵との全面対決に発展。ついにはイマサカ号とマードレ・デ・デウス号が駿河湾で激突する。敵船甲板上、女首領が構えた銃口は総兵衛一人に狙いを定めていた。

虎の尾を踏む: 新・古着屋総兵衛 第十三巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつもと展開が違って落ち着きのない巻でしたね。

  • 老中牧野の敵っぷりが、結構ショボイ
    昔の恋仲への手出しが、ちょうど良い
    タイミングで不気味な集団とかかわる
    ・・・こんなにも尻切れトンボ気分!

全2件中 1 - 2件を表示

佐伯泰英の作品

虎の尾を踏む: 新・古着屋総兵衛 第十三巻 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする