シノダ!樹のことばと石の封印 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101381824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シノダ!シリーズ2作目。冒険要素、謎解き要素があって、おもしろかった。次作に期待。

  • 次から次へと起こる出来事にわくわくします。

  • あっさり2日で読了。
    シノダ!シリーズの2作目の文庫が図書館にあったので、借りてみました。
    末っ子のモエにも能力が現れて、この先もこの3人で騒動に巻き込まれていくのかな?
    今回の巻は格好いいお母さんの出番が少なかったのが、ちょっと残念かも。
    冒頭のお留守番を思いっきり楽しもうという子どもの考えが良いです。

  • シノダ!シリーズ2作目。
    今回は信田家のちびっ子3人が冒険の旅へ巻き込まれます!?
    そして最終章のまとめ方もとてもいいのです。

  • 怒涛のおもしろさでした!
    そして、文章がすてき。

  • 富安陽子
     新潮社
     新潮文庫 (2012/12/01)

    〈 親子で「シノダ!」の大ファンです。
    ここに登場する「ひきだし」は、読書という心の冒険の入り口でもあるのでしょう。
    ――俵万智さん共感。3きょうだいの大冒険。
    野間児童文芸賞受賞作家によるシリーズ最新作。〉
    文庫の帯から

    2004年出版単行本の文庫版です

    このシリーズ 楽しくってよく読んでいます
    まわりの大人もユニークで

    すっとファンタジーの世界へいざなう作者はうまいなあ

    ≪ 異世界の 秩序をみだす あのおじさん ≫

  • 巻きこまれ方がナルニアを思い出させる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

富安陽子(とみやす・ようこ)
1959年東京に生まれる。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞、産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』はIBBYオナーリスト2002文学作品に選ばれた。

「2020年 『ゆりの木荘の子どもたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富安陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×