よろず一夜のミステリー: 土の秘法 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.38
  • (4)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101386638

作品紹介・あらすじ

夢中になるあまり、現実との区別がつかなくなった若者による事件が相次ぐ人気オンラインゲーム『ジオの聖戦』。そこでは攻撃に敗れた「ゾンビ」が復活するために「女神」を手に入れなければならない。そんななか、「よろいち」メンバーのアイドルである希美が誘拐されてしまう。彼女こそゾンビを甦らせる女神と信じた者の犯行なのか。希美を救い出すミッションをクリアできるか、恵!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 折り返しの3巻。ちょっと進んだかな?各巻のエピソードの根底にある理屈の繋ぎ方は、結構面白いと思う。ストーリーへの昇華させ方で損してる感もあるけど。

  • 今回はゾンビが登場。おにいちゃんは頼れるかっこいい男性だと思いますん。

  • 「よろいち」サイトをめぐる物語の第三弾。五行のうち今度は土、ということでゾンビが登場し、ゲーム依存との関連で話が進んでいきます。日比野恵が危ない目に遭った第二巻に続き、この巻では恵がひそかに思いを寄せる希美が誘拐されて、やはりハラハラしながら読みました。オカルトと科学のバランスはやや科学寄り。入り口がオカルトでも、科学で説明できる。「よろいち」はそういうサイトですし、物語のコンセプトもそうなっています。恵と稔の、失踪した父親に関する情報も出てきて、今後も楽しみです。

  • 不老不死の次はゾンビ!
    そして、今、流行のオンラインゲーム。

    オンラインゲームをやる身としては、他人事とは思えない、身につまされる内容だった。

    判断力が衰え、コミュニケーション能力が衰え、
    やがて、現実と、ゲームの区別がつかなくなる。

    いつか自分の身に起こるかもしれない。

    そんな風に感じてしまった。

    何事も、やり過ぎは禁物。
    ゲームはほどほどに。

  • ケータイの人気オンラインゲームにハマり、現実との区別がつかなくなった若者によって引き起こされた殺人事件、そして誘拐事件。。
    現実にありそうで怖い

  • 毎巻、微妙な「ちょっと足らない感」。

  • 今回もメリハリがなく終わった。かなり細かく調べて作品を書いているのは良く分かるがちょっとくどすぎるような点も。キャラクターの位置関係にあまり変化がなかった。棯とアリサはフラグがたった?

  • 3作の中でも普通のミステリとして面白かった。稔の出番が多くなると必然的にそうなるのか。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

横浜市在住。「英国妖異譚」でホワイトハート大賞〈優秀賞〉を受賞しデビュー。シリーズ化され大人気に。主人公たちの成長に伴い、パブリックスクールを卒業した後は「欧州妖異譚」シリーズとして書き続けられている。その他ホワイトハートでは、「セント・ラファエロ妖異譚」「あおやぎ亭」がある。「ヴァチカン図書館の裏蔵書」シリーズ(新潮文庫nex)、「琥珀のRiddle]「倫敦花幻譚」シリーズ(ともに新書館)ほか著作多数。

「2021年 『サン・ピエールの宝石迷宮 傲慢な王と呪いの指輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠原美季の作品

ツイートする
×