世話焼き長屋―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.36
  • (7)
  • (13)
  • (32)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101397252

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2008年2月刊。裏長屋に登場する住人達を語る5編のアンソロジー。池波正太郎:お千代、宇江佐真理:浮かれ節、乙川優三郎:小田原鰹、北原亜以子:証、村上元三:骨折り和助。 再読もあったが、アンソロジーでは、それもまた楽しい。

  • ほとんど好きな小説家さんばかり。

    乙川さんはもっと書いて欲しいなあ。

  • 20140209 うまい作者の良い短編なのだからつまらないわけがない。

  • 市井もの。池波正太郎、宇江佐真理、乙川優三郎、北原亞以子、村上元三による5編。前作『親不孝長屋』より良質のように感じられる。だが裏表紙にある煽り文句『感動必至』ではない。感涙とか感動とかの煽りは不要である。かえって読了後さめてしまう。そんな事は読み手が決めるのだ。

  • 裏長屋の人たちの人情話。金は無いが、助けられる。人生捨てたものではない。生きてて良かったというラストシーンが温かい。「小田原鰹」が良かった。13.10.20

  • 各話、それぞれほろりとさせる展開で、良かったです。
    仕事や趣味を含む毎日の生活、なんでもコツコツ地道に丁寧に過ごしていけばいいんだなと思える作品集でした。
    宇江佐真理さんの「浮かれ節」が明るくて好き。お務めの工事現場での休憩時間、「緊張でささくれだった人の心を癒すのが唄の役目だ」と悟る場面に共感しました。

  • 証と小田原鰹が好き

  • それぞれ味があって面白かった。傑作選とあるだけのことはある。

  • 2011.4.12(火)。
    池波 正太郎「お千代」。 宇江佐 真理「浮かれ節」。乙川 優三郎「小田原鰹」。 北原 亞以子「証」。 村上 元三「骨折り和助」。。。縄田 一男編。

  • 雰囲気が楽しめるアンソロジー。
    小編の中に、人情も風俗もつまっている。
    救いがたい男の「小田原鰹」がイチオシ。

全16件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇江佐 真理
宮部 みゆき
浅田 次郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする