赤ひげ横丁―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.41
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101397283

作品紹介・あらすじ

回診先の岡場所で、体を売る少女に出会う(「徒労に賭ける」)。寝たきりの妻を抱える男の元へ、中年女が突然現れ(「介護鬼」)。医者として戻った庄次郎は、出迎えの中に愛した女を探すが…(「向椿山」)。長崎・丸山遊郭は、外国人医師が来たんで大騒ぎ(「眠れドクトル」)。いつも強気の熊五郎、最近様子がおかしくて…(「鬼熊酒屋」)。医術を通して人の心を描く傑作人情時代小説五編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いずれも、名うての時代小説作家の、医術がテーマの好短編集。
    特に、山本周五郎と乙川優三郎の2作品が◎。

  • 「横丁シリーズ」第二弾、医療関係のアンソロジー。5篇を収めるが、周五郎の「徒労に賭ける」が秀逸。2014.8.30

  • ネーミングに魅かれた。医療関連の人情時代小説アンソロジー。やっぱり赤ひげ・新出去定の魅力は大きい。「徒労にかける」いい題です。

  • ヒマ潰し用に購入。
    時代劇作品集のアンソロジー。

    5人の作家が集まってますが、5人5様の内容で楽しい。

    菊池秀行と杉本苑子氏の作品が興味深かった。菊池秀行のは、現在も問題になっている"介護"を題材に扱い、杉本苑子氏のは時代背景の当時に実際にあった"梅毒"問題を題材にしている。

    菊池は昔、"魔界都市シリーズしか読んでなかったので、"時代劇はどんなものかと思っていたけど、時代劇でも充分読める。しっかりと"時代劇"していた。

  • 電車での時間つぶしのため買いました。
    いきなり読んだことかない人の短編集を買うのはリスキーですが、好きな作家が入っていれば楽しめるし、他の著者の作品の入門にもなるので、全くのはずれということにならないのがこういう本の利点だと思います。

  • 乙川優三郎と池波正太郎の話が好き。色んな作者の話を手軽に楽しめる短編集は、新しい発見があって面白い。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

大正12年(1923)、東京・浅草生まれ。戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。下谷・西町小学校を卒業後、株式仲買店に勤める。戦後、下谷区役所に勤務して長谷川伸の門下に入り新国劇の脚本を書いて演出の腕も磨く。昭和35年(1960)、「錯乱」で直木賞を受賞。52年(1977)、吉川英治文学賞受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」の三大シリーズが人気絶頂のさなか、急性白血病で逝去。

「2022年 『仇討ち物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×