ハルさんちの母親卒業宣言 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101404240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間が生き物として持つ本能を、忘れつつある現代日本。

  • 久し振りの下田治子。

    子離れ・私の今の課題

  • 私も、いつかは母親卒業と思っているので、そのための手引書の一環として読んでみた。

    母親としてちょっと考えが広がったかも、と言う部分もあり、そうでない部分もあり、同意な部分もあった。

    男でも自立と自炊の両立の出来る、少年→青年になって欲しいです。。。

  • えーと、うーんと、う〜ん...

  • 泣いたり笑ったり怒ったり常に忙しい著者下田治美。決してきれいとは言えない言い回しの中に、息子への絶対的な愛情が感じられる。

  • このシリーズ読み飽きてしまったけれども、ヒマつぶしには持って来いでございます。
    とうとうねぇ、母子家庭だったセガレがおうちを出て行ってしまうのだよねぇ。
    んー、親の論理がうちの両親とちょいと似てるのがなんだかなあ。

全6件中 1 - 6件を表示

下田治美の作品

ツイートする