一夜の櫛 (新潮文庫)

著者 : 連城三紀彦
  • 新潮社 (1988年2月発売)
3.24
  • (1)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 30人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101405056

一夜の櫛 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「娘」という短編が好き。

  • 相変わらず美しく、余韻がふわあと残る短編ばかりなので、毎日1話か2話ずつしか進まなかった。強いて言えば表題作が一番良かったけど、優劣つけ難く気持ち良く読了。出版当時はどうだったかはわからないけどわたしには恋文よりこちらのほうが良かった。

  • 14編の短編集。
    人の心というものは複雑で不可解であるものなのに、
    それを文章にするとこうも美しくなるのかという感じがします。

全3件中 1 - 3件を表示

連城三紀彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
連城 三紀彦
連城 三紀彦
連城 三紀彦
有効な右矢印 無効な右矢印

一夜の櫛 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする