島津奔る〈上〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (39)
  • (54)
  • (64)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 430
感想 : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101408163

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 島津義弘を主人公に文禄・慶長の役から関ヶ原の戦いにおける島津の敵全中央突破による戦場離脱による本領安堵を勝ち取るまでを描いた作品。小心者の家康、謀略家の本田正信、弟の武略に嫉妬する義久など人物の描き方が面白い。国を思う義弘の心を解らず兵を送らない義久に愚痴をこぼす部下に「やめよ。それ以上言うと讒言となる」と戒め、義弘の危機に遠く離れた上方まで独自に向かう兵達が数百に登るなど、上司はかくありたいと思った。

  • <上下巻通してのレビュー>

    九州制覇、文禄・慶長の役と、後半生を常に戦場で過ごしてきた薩摩の太守・島津義弘は、政局を読み取り、敵の作戦を察知する才に長け、大胆な攻撃で敵を打ち破る戦略家として内外に恐れられた。
    秀吉の朝鮮出兵後、景気は急速に衰え戦後不況が猛威を振るう中、戦国末期の日本は東西両軍が対峙する関が原の戦いで活路を見出そうとしていた。
    小心者の徳川家康、官僚主義の石田三成、保身に走る兄・義久という思い切った人物設定で戦国時武将の内面に鋭く迫り、現代の指導者たちにも熱い教官を呼んだ大作。
    柴田錬三郎賞受賞


    秀吉から家康へと政権が移りゆく中で、島津家の取る道は?劣勢を承知の上で関が原の戦いに挑んだ島津義弘の真意とは?

    個人的にはあまり楽しめなかったです。
    「島津義弘」に中心を置いた着眼点はよいと思いますが、その割には比重が軽いような感じを受けます。
    関が原の合戦のあたりは、DVD「関ヶ原」のパクリではないかと訝しんでしまいました。

    島津義弘は大好きな武将の1人であるだけに、少し残念です。

  • とても面白かった。戦国末期、豊臣秀吉が朝鮮出兵の後に亡くなり、豊臣時代から徳川時代へと移りゆくとき、島津義弘の自国を生きながらえそうとする執念と行動力に、一緒に悩み、一緒に悶え、一緒に苦しむ。今だけを見るのではなく、そしてこの場所だけを見るのではなく、遠い未来を見て、もっと広い視点で今を捉え、行動することが大事。

  • 出てくる大名は島津以外皆こき下ろし。家康は臆病、三成は官僚主義で人気なく、福島正則・加藤清正は単細胞、小西行長は商人上がりで臆病、黒田長政・前田利長・毛利輝元・宇喜多秀家は2代目のぼんくら。唯一褒められているのは大谷吉継くらい。一方で大名の下の侍大将級は島左近、蒲生郷舎・明石掃部・後藤又兵衛など勇者ぞろいに描かれている。
    200ページに渡り関が原の一日が描かれ、それはそれで迫力あるのだが、なにやら説教臭いところもあり、読み終えても感動というべきものは無かった

  • 2002.2.7 ~ 13 読了

  •  刊行後に物議を醸し、絶版となった作品。主人公は関ヶ原合戦敵中突破の島津義弘(全2巻)。本巻は慶長の役終幕から関ヶ原前哨の三成挙兵まで。三成評が厳しく(まぁ、判らなくはない)、細かい描写はともかくとして、全体的に見れば、司馬「関ヶ原」が描く人物像とかなり趣きを異にするようだが…。島津の立ち位置(潜在的内訌を含め)と、義弘の諜報活動に筆を割いているのは買い。船の調達先に関しても筆を割いている等、関ヶ原の伏線も感じられ、それほど読後感は悪くない。

  • 4-10-140816-5 456p 2002・1・10 5刷

  • この本は、司馬遼太郎さんの「関ヶ原」の盗作疑惑で発行停止された本らしいです。確かに、似てます。でも、悪意があるように思えませんでした。単に、司馬さんの作品をたくさん読んでいたので、似てしまっただけかと思われます。それに、主人公を三成におくか島津義弘におくかで、同じ史実を扱ってますしね。70代になってまで、文筆という新しい分野に乗り出した作者をいじめるのは、心ない所作だったのではないかと個人的には感じました。

    内容的には悪くないはないけれど、世の中の説明の部分が多くて、義弘の部分が少なく感じたので、そこまで入り込めず、★3つにしました。

    題名にもなっている「島津奔る」の部分は、下巻の最初に当たりますが、ちょっとジーンときました。関ヶ原の局面を目前に、少ない兵力しか持たず、窮地に陥った島津義弘を慕って、はるか遠い薩摩から京都を目指す武士たち。リーダーには何が必要なのかを教えてくれるようです。心温かく、信念を持つ強い男性はかっこいい。

    家中を立て直すために、叔父の存在が欠かせないと信じ、自らが犠牲となり義弘を守り抜く甥の豊久の姿にも感じるものがありました。

    義弘と、若くして隠居を余儀なくされた兄の義久の間の男の嫉妬を軸として描かれています。そんなもんなんかなーって感じでした。何が切ないって、それぞれが違う形で家中のために良いと信じて行っていることが、違うこと。

    私もですが、池宮さん、官僚政治家がお嫌いなようです。何度もけなすシーンが出てきます。たとえば、「吏僚、という化物は、常人ではない。人外と思っていい。自分の処理・処断がどのような迷惑を生じ、時には生活破綻を来すような悲劇となっても、一切関知しようとせず、感情を動かすことをしない。彼らから見れば民間の者は無機物に等しく、おのれらが世を統べるのは至高の行為と、骨の髄までそう思っている。官と民とは生物的に異なると思い、民の求めで官の仕事が曲げられることは、神にもとる行為としか考えない。ゆえに彼らを人と思ってはいけない。彼らは民から見たら化物である」

  • 2回目2015.11.2
    2回目読んで評価を下げる
    家康の扱い軽く、正信を重用するあたり気に入らぬ

  • 薩摩島津家の勇、島津義弘の激動の物語を、その家臣のひとり中馬大蔵の目をもって語りつくした燃える男の本。(女の子も読んでね)
    とにかく面白くって上下巻を一気読みしてしまうかも!?

全41件中 1 - 10件を表示

池宮彰一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×