馬鹿な男ほど愛おしい (新潮文庫)

  • 新潮社
3.13
  • (7)
  • (16)
  • (76)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 199
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101412351

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生二九歳変動説、というエッセイを読みたくて購入、初めてのランディさんです。


    >いろんな方の話を聞くと、かなりの確率で・・・というかびっくりするような確率で、二九歳で人生の転機を迎える人が多いのである。
    >二九歳には何かある、とつねづね思ってきた。
    >そういえばブッダが出家したのだって二九歳だった。

    >この二九歳の転機というのは、その人の天職というものと非常に深く関わっている。
    >二九歳で、自分の価値や、携わっている行為に対して疑問を持ち、そして疑問を解決すべく行動した人はその後、三二歳の時に別の転機と遭遇するのだ。
    >で、この三二歳の時の転機が、自分の天職を決めていく。

    29歳って具体的な年齢はあくまで象徴であって、常々自らを振り返って客観視のできる人は転機を作ったり気付いたりできる、ってことなんでしょう。
    「深夜特急」の沢木さんの場合は26歳ですし。

  • 恋愛のエッセイなんだけど全く共感できなかった。

    考え方も恋愛のスタンスも全然違うし、全然理解できなかった。

    私の心の中に受容という引き出しが完成したのはこの本を読んだ時かも。
    こういう人もいるんだなぁって思った。

  • まぁ
    タイトル的に、わたくしには遠い感じだけど。

    でも、やっぱりランディさんの書く文章はステキ。
    まだエッセイしか読んだことないんだけど。

    自分の恋愛とか、色々、おもしろいなー。思わず笑ってしまったり。

    きっといつか、また読み返すだろうな、って思う。

  • 田口ランディの恋愛エッセイ。
    モザイク読んだときは
    こんな人のイメージなかったからびっくりした。

    まあ名前からして変わってるもんね(笑)
    恋愛についてのエッセイは
    たいてい参考にならないことが多い。でも勉強にはなる。

  • "恋のゾンビ"良かったです!恋愛に限らず、「したい〜」ゾンビだけでは何も始まらない。とっても共感できました。"人生二十九歳変動説"の語るくだりも納得です。人に自分を語って初めて、自分がわかる。お気に入りの章をたま〜に読み返してみるだけでも面白いのでオススメです。

  • ベトナム人との会話は素敵だったな。

    女性の本音。

  • ランディさんやっぱり好きだなー。26歳のビミョーな心境をさらっと書いてくれてて、、共感。なんだか元気をいただいた気がします☆

  • 私とかぶりますw
    私もこんな風に生きてみたいかも。

  • 人生二十九歳変動説。
    この頃までには自分のやりたいことが見つかっているといいな。
    この人の恋愛論はなかなかためになる。
    小説とは違って親しみが持てる笑。

  • 絶版になってたのを友人がブックオフで見つけて買ってきてくれた。
    田口ランディのエッセイ・・・かな?


    ここまで正直に本音をさらけ出しているとちょっと怖いなあとも思う。
    彼女にプライバシーはないのだろうか。笑
    でもやっぱり、すごい面白い。


    彼女の「自分でしたことを自分で引き受けようとできない」っていう感覚がすごくわかるんだよ。つい誰かとか、環境のせいにしてしまいたくなる。

    たまにはそうしてもいいのかもしれない。
    でも、ずっとそればっかじゃいけないよね。
    自分がこんな状態なのも、環境や親や彼氏や愛人や友人や・・・
    そういう周りのせいにばっかりしている20代のランディさんがなんだかいとおしいとすら感じる。ちょっと自己愛傾向暴走しちゃってる感じ。


    誰かに注目してもらいたくて、自分のためにがんばるなんてできないんだよねー。誰かから注目されてこその自分なんだよねー。はは。


    読んでる最中は、自分の本音(誰にもいえない、認めたくもない諸々)と照らし合わせながら、ちょっと軽蔑しながらも同意しつつ見てる。なんか傷口ぐりぐりされているような感じすら覚える。


    ただこのかるーい文章のせいなのか、鋭い痛みというよりはかさぶたをぐりぐりされて「ぬーん」てなるような(解らんて。苦笑
    でも、案外それでさっぱりかさぶたが取れたりしてね。



    読んでる最中は同調と軽蔑と、妙な距離感なんだけど、
    読み終わるとなんか、核心突き抜けた感じで安心している。
    ちょっと憑き物が落ちた感じかなあ。


    「ミッドナイト・コール」も良かったなあ。早く全部読もう。

全27件中 1 - 10件を表示

馬鹿な男ほど愛おしい (新潮文庫)のその他の作品

馬鹿な男ほど愛おしい 単行本 馬鹿な男ほど愛おしい 田口ランディ

田口ランディの作品

ツイートする