再会 慶次郎縁側日記 新潮文庫

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (4)
  • (16)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 143
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101414157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女一人で生きていくのは、今でもなかなか大変だけど、この時代にそうするのは、想像がつかないほど大変だったでしょう。選択肢も二つ三つで、そのどれかに自分を当てはめて生きていかなきゃならなかった。今、選択肢が増えて、自由度は上がっているけれど、さて、みんな自由にのびのび暮らしているかというとそうでもないように思う。
    私は女で生まれて不満なく過ごしているので、それ以外の人の気持ちはなかなか分からないけれど、大変なのは女だけでもないでしょう。
    江戸時代と比べて、私たちの生き方は楽になっているでしょうか。いろんな登場人物の心情に身につまされるのは、似たような経験があるからではないかしら。自分の心に勝手に枷をはめているのかもしれない。あー、もっとしがらみにとらわれずに生きたい…

  • ずいぶん文章がこなれてきて読み易くなった。「花の露」が良かった。2016.1.1

  • 再読了。

  • 最近のヒットはこの慶次郎シリーズ。殺人も起きないし、犯罪らしい犯罪もない。ただただ色々な人が町で暮らしていて、ちょっとした出来事があって、やっぱりすんなり解決しなくって.....という、ありふれたような話ばかりで返って好感が持てる。

  • 2 慶次郎縁側日記
    ん?最良の日、終わり方がイマイチ。息子は何故突然湧いて出た?慶次郎が出てこない回があって全然日記にもならないじゃないかぁと不満。木戸番小屋夫婦と一緒で根性ねじ曲がった年寄りが出演。やだやだ、みんな捻くれてる。

  • 時代小説というのは…
    現代ものと違って、ココロが疲れないのがいい。
    不倫とか殺人とか貧乏とか、えぐいネタ多いのに。
    読書後、疲れないのはありがたい。

  • これ結構いいよー。
    私は好き。
    なかなか渋い短編集。

    ただシリーズ2作目なんだよね…。
    1作目も家のどこかにあるはずなんだが見つからない。

  • 2007/12/01読了

  • 先日、慶次郎が初出になる「その夜の雪」が気に入って、この本を買いました。ただ、シリーズ第1作の「傷」が見当たらず、2作目のこの作品になったのですが。
    一作飛ばしたせいもあるのでしょうが、全体にどうも背景が説明不足の感じがあって、なんとなく入り込めないのです。また、扱う事件があまりにも些細なためでしょうが、「その夜の雪」に有った緊迫感が無いのです。
    期待していた分、なにか肩透かしを食ったような作品でした。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『化土記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原亞以子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇江佐 真理
宮部みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×